愛知大学研究者情報データベース

検索トップページ検索結果詳細情報

(2018年7月20日 現在)

ムラヤマ トオル
村山 徹   研究助教

(2016年4月1日就任)
三遠南信地域連携研究センター  

専門分野/研究テーマとその内容

公共政策、地理情報科学、防災・減災

過去5年間に発表した著書・学術論文・学会報告

著書・論文・
その他の区分
著書・論文等の名称 発行所・発表雑誌・学会等の名称 著発行・発表年月 査読
著書([単]) 災害と安全の情報―日本の災害対応の展開と災害情報の質的転換―  晃洋書房      2018年03月
著書([共]) 図説 三遠南信のすがた  愛知大学三遠南信地域連携研究センター  駒木伸比古、佐藤正之、村山徹、森田実、小川勇樹    2017年09月
著書(著書[共]) 『災害と行政―防災と減災から―』  晃洋書房  松岡京美、村山徹  pp. 7-24, 65-90, 157-177(第1章、第3章、第7章)  2016年04月
学術論文(論文[単]) 減災手法の進展にみる日本の災害政策の特徴  『名古屋地理』No.30、名古屋地理学会    7-9頁  2017年11月
学術論文(論文[共]) 計画・実施にみる三遠南信地域の連携と自律  『地域政策学ジャーナル』第7巻第1号、愛知大学地域政策学センター  村山徹、鈴木伴季、小澤高義、森本啓吾  23-38頁  2017年09月
学術論文(論文[単]) 地方公共団体のシティプロモーションと広域連携  『立命館文學』第650号,立命館人文学会    208-223頁  2017年03月
その他(報告要旨集[単]) 奥三河地域における観光地ブランディングの広域連携  『2016年人文地理学会大会研究発表要旨』,人文地理学会    156-157頁  2016年11月
その他(報告要旨集[単]) 慶尚南道金海市における都市水害と被災空間データベースの構築  人文地理学会、『2014 年人文地理学会大会研究発表要旨』    132-133頁  2014年11月
その他(報告要旨集[単]) 行政評価における地理空間情報の活用に関する研究―公共政策の“in の知識”と“ofの知識”に注目して―  人文地理学会、『2013 年人文地理学会大会研究発表要旨』    122-123頁  2013年11月
学会等発表(学会発表[単]) 災害・消防応援協定ネットワークにみる防災政策連携の地域構造  愛知大学三遠南信地域連携研究センター2017年度越境地域政策研究フォーラム      2018年02月
学会等発表(学会発表[単]) Municipal collaboration of disaster management policy according to the disaster agreement between local governments in Japan  Governance Capacity in International Perspectives      2018年01月
学会等発表(学会発表[単]) 奥三河地域における観光地ブランディングの広域連携  2016年人文地理学会大会      2016年11月
学会等発表(学会発表[単]) 減災手法の進展にみる日本の災害政策の特徴  名古屋地理学会2016年度研究報告会      2016年06月
学会等発表(研究報告会[単]) Hazard Mapping for Aged Society: Simulation of Flood Hazard Map with Evacuation Route, in case of Aged Rural Areas in Kyoto, Japan   Policy Implication of Comparative Study on Aging Society in Korea and Japan, SNU GSPA Ageing Society and Social capital Center      2015年08月
学会等発表(学会報告[単]) 慶尚南道金海市における都市水害と被災空間データベースの構築  2014年人文地理学会大会      2014年11月
学会等発表(学会報告[単]) 行政評価における地理空間情報の活用に関する研究―公共性政策のinの知識とofの知識に注目して―  2013年人文地理学会大会      2013年11月

教育活動

教育実践上の主な業績 年月(自) 年月(至) 概要
1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
地図等を用いた地域情報分析のためのフィールドワーク  2017/04  現在に至る  南栄駅前などにおいて,昔の住宅地図等を手掛かりに施設利用の変化を観察し,GISを用いてデータ化。 
三遠南信地域連携研究センターによる地域人材育成に資する共通教育科目の企画  2017/04  現在に至る  センターの研究蓄積を生かした地域人材の育成に資する科目について,三遠南信地域のまちづくり関係者によるワークショップや意見交換会などの学外実習を含め企画。 
2 作成した教科書、教材、参考書
情報処理実習のための教材作成  2005/04  2016/03  文系学生のための社会調査実習など,興味の持てる統計データを用いた視覚的にも理解しやすい教材の作成。 
3 教育方法・教育実践に関する発表、講演等
4 その他教育活動上特記すべき事項
資格取得のためのカリキュラム調整  2012/04  2016/03  立命館大学地理学教室におけるGIS学術士と地域調査士の資格取得のためのカリキュラム管理。 

社会貢献等(社会における主な活動)

学外機関役職・
講演・その他の区分
活動の内容、役職名称 機関名称 年月(自) 年月(至)
学外機関役職 広報常任委員 人文地理学会 2016/11 現在に至る
その他 三遠南信地域連携ビジョン推進会議におけるビジョン改定のための調査・報告 三遠南信地域連携ビジョン推進会議(SENA) 2016/04 2017/03
その他 都市情報データブックの企画編集 大阪府豊中市 2012/03
その他 都市情報の有効活用のための市職員に対する研修 大阪府豊中市 2011/04 2012/03