愛知大学研究者情報データベース

検索トップページ検索結果詳細情報

(2021年4月1日 現在)

ヤネ ジュンイチ
家禰 淳一   教授

(2019年4月1日就任)
文学部   人文社会学科

専門分野/研究テーマとその内容

図書館情報学/デジタル・ネットワーク社会における図書館経営的アプローチによるデジタル情報資源の提供と、デジタル・デバイドを解消するための貧困層への情報リテラシー

過去5年間に発表した著書・学術論文・学会報告

著書・論文・
その他の区分
著書・論文等の名称 発行所・発表雑誌・学会等の名称 著発行・発表年月 査読
著書(著書(分担執筆)[共]) 情報資源組織法 改訂3版  第一法規  志保田 務・前川 和子・家禰 淳一 改訂  287-301頁  2021年03月
著書(著書[他]) 『分類・目録法入門:メディアの構成』新改訂第6版  第一法規  木原通夫、志保田務  総合編集協力  2020年02月
著書(著書[共]) 『読書の自由と図書館:石塚栄二先生卆寿記念論集』  日本図書館研究会  志保田務編著  pp.198-203  2017年09月
著書(著書[共]) 『情報資源組織論:よりよい情報アクセスを支える技とシステム』 改訂版(講座・図書館情報学 ; 10)  ミネルヴァ書房  志保田務編著  pp.171-173  2016年04月
学術論文(学術論文[単]) 女主人からホテルの客人へ:ダフネ・デュ・モーリアの『レベッカ』における女性の役割の放棄  『言語と文化』愛知大学語学教育研究室紀要 第43号    21-35頁  2020年07月
学術論文(学術論文[共]) 図書館計画づくり,運営における市民協働の現状と今後の展望:事例を中心にして   『図書館界』 72(2) 日本図書館研究会  嶋田 学, 常世田 良, 家禰 淳一  82-88 頁  2020年07月
学術論文(学術論文[共]) 「能動的図書館サービスモデル,エンベディッド・ライブラリアンをめぐって:アメリカにおける展開と日本における同様事項の追究」  『図書館界』69(2)  鎌田 均 ,常世田 良 ,家禰 淳一, 孫 誌衒 , 中村 恵信 , 志保田 務  pp.118-124.  2017年07月
学術論文(学術論文[単]) 「障害者及びがん患者に対する情報格差緩和のための図書館サービス」  『奈良大学紀要』45号    pp.43-54  2017年03月
その他(書評[単]) 書評「司書職制度の再構築:日本の図書館職に求められる専門性」大城善盛著 日本評論社 2019.12   『図書館界』 72(3) 日本図書館研究会    145-146頁  2020年09月
その他(報告[共]) 「第13回 日中国際図書館学セミナー報告」  『図書館界』Vol71. No.6 日本図書館研究会  家禰淳一、板橋愛  pp.353-358  2020年03月
その他(報告[共]) 「図書館サービス研究例会報告」(司書採用の動向と試験対策:合格体験記を交えて)  『図書館界』Vol71. No.2 日本図書館研究会  家禰淳一、板橋愛  p.164  2019年07月
その他(翻訳[共]) 「国内標準分類法の発展と維持 ; 韓国十進分類法の経験から」  『資料組織化研究-e』 No.69  志保田 務,家禰 淳一    2017年10月
学会等発表(学会発表[共]) 図書館関係逐次刊行物の廃刊と爾後  日本図書館研究会第62回研究大会  家禰 淳一,村上 幸二,志保田 務    2021年03月
学会等発表(学会発表[単]) 「『ジェイン・エア』と『ヴィレット』における孤児の遍歴:女性のアイデンティティーと空間の問題」  日本英文学会第72回中部支部大会(Web開催)      2020年10月
学会等発表(学会発表[共]) 「能動的図書館サービスモデル,アウトリーチ,エンベディッド・ライブラリアンを例に:米国における展開と日本における可能性」  日本図書館研究会第58回(2016年度)研究大会  鎌田 均 ,常世田 良 ,家禰 淳一, 孫 誌衒 , 中村 恵信 , 志保田 務    2017年02月

教育活動

教育実践上の主な業績 年月(自) 年月(至) 概要
1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
ディベートの導入  2020/04  現在に至る  英語テクストが扱う社会事象など身近な話題をもとに学生同士が討論するディベートの時間を設けた。「立論」「質疑応答」「反論」「最終弁論」の四つのパートの役割を確認し、ペアから徐々に人数を増やし最終的に4人一組で相手チームと対峙できるようにした。学期末にはクラス対抗のディベート大会を設け、学生が英語で意見を表現する力、相手の意見に耳を傾ける力、批判する力、まとめる力などを総合的に学び、また戦略的に物事を進めていく力を養えるようにした。 
入門演習におけるKJ法実施  2020/01  現在に至る  クラスを6グループに分け、提示したテーマで、KJ法を使い、ブレーンストーミングを実施 
実習におけるグループワーク学習の導入  2016/04  2019/03  図書館総合演習においてグループ学習を実施し、相互学習により問題発見・課題解決能力の育成を図った。 
2 作成した教科書、教材、参考書
パワーポイント教材作成  2016/04  2019/03  講義用教材 
3 教育方法・教育実践に関する発表、講演等
4 その他教育活動上特記すべき事項

社会貢献等(社会における主な活動)

学外機関役職・
講演・その他の区分
活動の内容、役職名称 機関名称 年月(自) 年月(至)
学外機関役職 奈良市立図書館協議会委員(会長) 奈良市立図書館 2018/07 2020/07
学外機関役職 図書館協議会委員 奈良市立図書館協議会会長 2017/07 2019/07
学外機関役職 理事 日本図書館研究会 2017/04 2019/03
講演 電子書籍市場の動向と図書館における提供の諸課題 愛知県公立図書館長協議会 2020/02
講演 司書採用の動向と試験対策―合格体験記を交えてー 平成30年度 第12回 図書館を学ぶ相互講座 2019/03
講演 公共図書館における電子書籍サービス -導入から提供まで- 第33回 情報活動研究会 2017/06
講演 デジタル・ネットワーク社会における図書館経営:図書館実務を大学院研究に繋いで 平成28年度 第5回 図書館を学ぶ相互講座 2016/08
講演 杉山誠司教授の電子書籍研究 平成27年度 第8回 図書館を学ぶ相互講座 2015/12