愛知大学研究者情報データベース

検索トップページ検索結果詳細情報

(2021年4月1日 現在)

ナガオ マユキ
長尾 麻由季   助教

(2020年4月1日就任)
名古屋語学教育研究室  

専門分野/研究テーマとその内容

現代アメリカ文学・文化/アフリカ系アメリカ文学、トニ・モリスンの小説

過去5年間に発表した著書・学術論文・学会報告

著書・論文・
その他の区分
著書・論文等の名称 発行所・発表雑誌・学会等の名称 著発行・発表年月 査読
学術論文(学術論文[単]) トニ・モリスンの児童文学における創造的教育の可能性――『子どもたちに自由を!』と『意地悪な人たちの本』を中心に  『EX ORIENTE』大阪大学言語社会学会    全275頁145-172頁pp.145-172  2018年03月
学会等発表(学会発表[単]) Toni Morrison の Paradiseにおけるモノの物語――意味が重ね書きされる“Oven” を手がかりとして  黒人研究学会 1 月例会      2020年01月
学会等発表(学会発表[単]) ダーク・エコロジーに遊ぶ――God Help the ChildにおけるToni Morrisonの環境思想  日本アメリカ文学会第58回全国大会      2019年10月
学会等発表(学会発表[単]) 「生まれざるもの」の可能性――Toni MorrisonのHomeにおける胚種のモチーフ  日本アメリカ文学会第57回全国大会      2018年10月
学会等発表(学会発表[単]) 過去に萎む身体、未来を孕む母体――Toni MorrisonのGod Help the Child  黒人研究学会第64回年次大会      2018年06月
学会等発表(学会発表[単]) Toni Morrisonにおける「教育」のデザイン――Sulaの発芽の意匠をめぐって  黒人研究学会1月例会      2018年01月
学会等発表(学会発表[単]) Morrison and the Politics of Education: The Sowings in and through The Bluest Eye  Pacific Ancient and Modern Language Association (PAMLA)2017年度年次大会      2017年11月
学会等発表(学会発表[単]) Toni Morrison’s ‘Recitatif’ and Education: Learning (De)construction of Racial Codes  The American Literature Association (ALA) 他共催シンポジウム      2017年10月
学会等発表(学会発表[単]) Toni MorrisonのBelovedにおける「教育」  日本アメリカ文学会第56回全国大会      2017年10月
学会等発表(学会発表[単]) Toni Morrisonの児童文学における教育のジレンマ――The Big BoxとThe Book of Mean Peopleを中心に  大阪大学言語社会学会・言語文化学会合同研究会2017年度春季大会      2017年06月
学会等発表(学会発表[単]) 発芽する物語の種子――The Bluest EyeにおけるToni Morrisonの創造的意匠  大阪大学言語社会学会・言語文化学会合同研究会2016年度春季大会      2016年06月

教育活動

教育実践上の主な業績 年月(自) 年月(至) 概要
1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
(非公開)       
2 作成した教科書、教材、参考書
(非公開)       
3 教育方法・教育実践に関する発表、講演等
(非公開)       
4 その他教育活動上特記すべき事項
(非公開)       

社会貢献等(社会における主な活動)