愛知大学研究者情報データベース

検索トップページ検索結果詳細情報

(2018年7月21日 現在)

インナミ トシヒデ
印南 敏秀   教授

(1989年4月1日就任)
地域政策学部   地域政策学科

専門分野/研究テーマとその内容

日本民俗学・日本民具学・海里山の生活文化学 

過去5年間に発表した著書・学術論文・学会報告

著書・論文・
その他の区分
著書・論文等の名称 発行所・発表雑誌・学会等の名称 著発行・発表年月 査読
学術論文(学術論文[単]) 里海文化と島四国  『瀬戸内海』75号、瀬戸内海環境保全協会    59-63頁  2018年03月
学術論文(学術論文[単]) 「流域の思想と風土の力」  『日本の未来』啓文社、  池内了編  98-121頁  2017年11月
学術論文(学術論文[単]) 里海文化と自然療法  『瀬戸内海』74号、瀬戸内海環境保全協会    74‐78頁  2017年09月
学術論文(学術論文[単]) 香川のイカナゴ醤油  『瀬戸内海』72号  単一著者  71‐74頁  2016年10月
学術論文(学術論文[単]) 瀬戸内漁民の信仰  『悠久』146号  単一著書  66‐70頁  2016年08月
その他(発表[単]) シンポジウム『再発見、「和食」文化の魅力』  農林水産省、津市アストプラザ      2013年08月
その他(コラム[単]) 総合科目の魅力  『出版ニュース』 出版ニュース社      2013年04月
その他(コラム[単]) 近代日本と中国の架け橋 愛知大学東亜同文書院大学記念センター  『まほら』75号 旅の文化研究所      2013年04月
学会等発表(講演[単]) 宮本常一資料の資源化―写真・ノートを中心に―  近畿民具学会総会 奄美文化財団豊中支部      2013年04月

教育活動

教育実践上の主な業績 年月(自) 年月(至) 概要
1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
2 作成した教科書、教材、参考書
パワーポイント教材作成  2008/04  現在に至る  講義教材 
博物館学教科書  2008/03  現在に至る  博物館概論・各論教科書 
ビデオ教材作成  1990/04  現在に至る  講義教材 
3 教育方法・教育実践に関する発表、講演等
4 その他教育活動上特記すべき事項
学内の教学に関わる委員会等に所属  2006/04  現在に至る  豊橋教学委員会委員、一般教育担当者会議責任者、一般教育研究室運営委員 
課外活動の部長  2002/04  現在に至る  ワンダーフォーゲル部 

社会貢献等(社会における主な活動)

学外機関役職・
講演・その他の区分
活動の内容、役職名称 機関名称 年月(自) 年月(至)
学外機関役職 国立歴史民俗博物館運営会議資料委員 国立歴史民俗博物館 2007/04 現在に至る
学外機関役職 愛知県文化財保護審議会委員 愛知県教育委員会 2004/04 2013/04
学外機関役職 静岡県文化財保護審議会委員 静岡県教育委員会 現在に至る
学外機関役職 奈良県文化財保護審議会委員 奈良県教育委員会 現在に至る
学外機関役職 理事 日本民俗学会 現在に至る
学外機関役職 豊橋市二川宿本陣資料館専門委員 豊橋市教育委員会 現在に至る
学外機関役職 四日市市博物館資料委員会委員 四日市市博物館 現在に至る
学外機関役職 豊橋市文化財保護審議会委員 豊橋市教育委員会 現在に至る
学外機関役職 理事 日本民具学会 現在に至る
学外機関役職 理事 日本生活学会 2012/03
学外機関役職 愛知県史調査執筆委員 愛知県史編纂室 2011/03
講演 里海文化における石風呂の役割とは 一般社団法人 文化財共働 2018/03
講演 三河湾の里海文化 三河フィールドコンソーシアムシンポジウム「三河湾 人をつなげる豊かなフィールド」 2018/03
講演 島の生活文化の魅力とは何か 愛媛県大崎上島町「島の魅力探し講演会」 2012/09
講演 南山城の生活文化学―収蔵資料の文化資源化 京都府立山城郷土資料館「南山城の暮らし」展講演会 2012/08
講演 前芝の海里山の生活文化学 豊川渥美前芝フォーラム:学習会での講演 2012/07