愛知大学研究者情報データベース

検索トップページ検索結果詳細情報

(2019年3月31日 現在)

シミズ ノブコ
清水 伸子   准教授

(1997年4月1日就任)
経済学部   経済学科

専門分野/研究テーマとその内容

ロシア語学。談話レベルでの動詞が係わる現象 

過去5年間に発表した著書・学術論文・学会報告

著書・論文・
その他の区分
著書・論文等の名称 発行所・発表雑誌・学会等の名称 著発行・発表年月 査読
その他(解説[単]) いいえ!これはロシアの伝統料理です!  Aichi University Lingua No.13    6-7頁  2018年12月
その他(解説[単]) ロシア古典作品を撫でる~トルストイ作『戦争と平和』  Aichi University Lingua No.12    16-17頁  2018年07月
その他(解説[単]) 君はロシア映画『キン・ザ・ザ』に何を感じるか!?  Aichi University Lingua No.10    6-18頁  2017年06月
その他(解説[単]) アンパンマンを卒業し、アンパンマンに戻る  Lingua No.9 愛知大学語学教育研究室    21-22頁  2016年12月
その他(解説[単]) 国境を越えたロシア民話  Lingua No.9 愛知大学語学教育研究室    19-20頁  2016年12月
学会等発表(研究発表[単]) ロシア民話の中のヤガー婆さんについて  比較民俗学会 学術交流プログラム(フォークロア)2018年度大会      2018年12月
学会等発表(学会発表[単]) ロシア・イコン伝説  比較民俗学会 2017年度大会(本居宣長記念館)      2017年11月
学会等発表(学会発表[単]) ロシア民話の特徴から ~ロシアの動物昔話について  比較民族学会      2016年11月
学会等発表(学会発表[単]) ロシア昔話とロシア絵画  愛知大学国際コミュニケーション学会&比較民俗学会/共催・三河民俗談話会/後援)『口承文藝研究の再考に向けて』      2015年10月
学会等発表(学会発表[単]) アファナーシェフ以前のロシアにおける昔話への関心  第63回国際学術交流プログラム「グリム兄弟の昔話を今日から見ると?」比較民俗学会・愛知大学国際コミュニケーション学会共催      2014年11月

教育活動

教育実践上の主な業績 年月(自) 年月(至) 概要
1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
ロシア民謡「一週間」の歌詞および曲の紹介  2017/10  2017/11  ロシア民謡「一週間」の歌詞と曲を授業内で紹介し、歌うことができるように指導した。 
19世紀ロシア絵画の紹介  2013/09  現在に至る  19世紀のロシア絵画を通して、19世紀ロシア社会の世情を紹介 
19世紀ロシア音楽の紹介  2012/04  現在に至る  CDおよびDVDを使用しながら、学生にもなじみのある19世紀ロシアの楽曲とその作曲家についての解説 
ロシア民謡の紹介  2011/10  現在に至る  秋学期の授業で、にロシア人ならだれでも知っている歌を1曲取り上げ、その曲を歌えるようになることを目指して紹介・指導。 
現代ロシア・ポップ音楽の紹介  2010/04  現在に至る  春学期と秋学期の最初の授業において、キリル文字と発音の復習を兼ねて、現代ロシア・ポップミュージックの中から1曲選び、ロシア語の歌詞を紹介している。 
宿題の添削・返却  2005/04  現在に至る  2年生の授業では毎回の授業テキストを自宅で自習させて授業に臨ませ、自習した課題は全て添削して次回授業で返却している。 
毎回の授業最後で小テスト実施  2005/04  現在に至る  1年生の授業では、その日の学習事項を復習させ、かつ次回授業で返却した際に前回の学習内容の復習に使える教材として小テストを毎回作製し採点・コメントを付している。 
教員と学生の1対1で口答での面接試験を実施  2002/04  現在に至る  1年生および2年生の全員に、各学期1回は1対1での面接形式で行う口答試験を実施し、ペーパー試験では評価しにくい発音の的確さや運用能力などをみる試験を課している。 
学生による授業評価アンケートの実施  2001/07  現在に至る  授業アンケート調査集計結果を見て、その学期の授業を自己点検したコメントを公開しているし、授業の内容・組み立ての改善に活用している。 
オフィスアワーの設定  2001/04  現在に至る  週一回のオフィスアワーを設けているが、それ以外の時間でも予約によって個別学生の面談や指導を行っている。 
成績照会への対応  2001/04  現在に至る  採点した答案は、原則として次の学期の初回授業で返却し、試験問題の解説を通して復習をさせつつ、採点方法についての質問にも答えている。 
シラバスの充実  1998/04  現在に至る  授業内容・方法を分かりやすく記載したシラバスを作ることを心がけている 
2 作成した教科書、教材、参考書
不規則変化字引付き文法教材  2013/09  2014/03  授業用教材 
文法教材作成  2013/04  2014/03  授業用教材 
ロシア語会話用教材  2013/04  2014/03  授業用教材 
3 教育方法・教育実践に関する発表、講演等
高等教育に求められる発想の転換―私大連盟教育研究協議会の動向―  2004/02    『FDニュース第9号』愛知大学FD委員会 
他大学授業アンケートの現状 (2)愛知大学FD委員会勉強会報告―学生による授業評価とその結果の利用について―  2003/11    『FDニュース特別号』愛知大学FD委員会 
「教員と学生とのスクラムによる授業評価」  2003/06    大学コンソーシアム京都:第8回参加レポート『FDニュース第7号』p.4、愛知大学FD委員会 
「第2回読売教育シンポジウム参加報告」  2003/02    『FDニュース第6号』p.6、愛知大学FD委員会 
「経済学部のFD活動~公開授業」  2002/10    経済学部で行っていた公開授業の紹介。『FDニュース第5号』p.7、愛知大学FD委員会 
「大学コンソーシアム京都:第7回FDフォーラム参加報告」  2002/06    『FDニュース第4号』p.6、愛知大学FD委員会 
4 その他教育活動上特記すべき事項
ロシア語検定試験対策講座  2018/04  現在に至る  ロシア語検定試験受験を目指す学生に、過去問を使用して、受験対策講座を検定試験前に6~8回行う。 
ロシア語学習会  2015/04  現在に至る  ロシアでの現地研修を希望する学生や、ロシア語学習を希望する東三河在住の社会人に対して、自主学習会を行っている。 
弓道部副部長  2010/12  現在に至る   
弓道部副部長  2009/09  現在に至る   
教材の独自作成  2001/04  現在に至る  1年生および2年生向けのロシア語の授業、および一般教養科目としての会話の授業では、テキストや文法説明および単語帳・不規則変化字引はすべて担当者が独自で70~80ページにおよぶ教材を作成し、毎年手直しを加えて学生に配布し授業で使用している。 
弓道部部長  1998/04  2008/10   

社会貢献等(社会における主な活動)

学外機関役職・
講演・その他の区分
活動の内容、役職名称 機関名称 年月(自) 年月(至)
講演 ロシア民話のヒーローたち 2014年度愛知大学大学院リレー講演会「テクストと芸術」 2014/11
その他 小学生の交通指導 福岡交通少年団 2018/04 現在に至る
その他 読み聞かせボランティア 豊橋市立福岡小学校図書ボランティア 2015/04 現在に至る
その他 ロシア語学習会 2010/04 現在に至る