愛知大学研究者情報データベース

検索トップページ検索結果詳細情報

(2018年3月31日 現在)

リ シュウビツ
李 秀密   教授

(1999年4月1日就任)
法学部   法学科

専門分野/研究テーマとその内容

会社法、金融商品取引法/自己株式の取得、コーポレート・ガバナンス

過去5年間に発表した著書・学術論文・学会報告

著書・論文・
その他の区分
著書・論文等の名称 発行所・発表雑誌・学会等の名称 著発行・発表年月 査読
学術論文(学術論文[単]) 香港の新会社法(3)  『法経論集』第207号 愛知大学法学会    43-65頁  2016年07月
学術論文(学術論文[単]) 香港の新会社法(2)  『法経論集』第199号 愛知大学法学会    1-33頁  2014年08月
学術論文(学術論文[単]) 香港の新会社法(1)  『法経論集』第198号 愛知大学法学会    全47頁  2014年03月

教育活動

教育実践上の主な業績 年月(自) 年月(至) 概要
1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
中間テストの実施  2013/04  現在に至る  会社法及び企業法概論は教える内容が多いため、学期前半の内容を問う中間テストを実施している。 
Moodleの利用  2012/04  現在に至る  受講生が講義の復習をしやすくするために、講義で使ったPower PointをMoodleで公開している。また、学習の効果を高めるために、中間テスト及び期末試験の解答もMoodleで公開している。  
インターネットの利用  2006/04  現在に至る  担当科目である会社法の講義において、株式の譲渡について学生がより具体的なイメージをつかめるよう、インターネットを利用してネットによる株式取引の仕組みを説明した。学生からの反応はおおむね良好であった。 
講義レジュメ  2006/04  現在に至る  教員の一方的に話し続けることを避け、また、新会社法の情報量が非常に多いことをも考慮し、学生が書き込む部分を空白にした講義レジュメを作成して講義を行った。 
2 作成した教科書、教材、参考書
パワーポイント教材作成  2012/04  現在に至る  講義用教材 
3 教育方法・教育実践に関する発表、講演等
4 その他教育活動上特記すべき事項

社会貢献等(社会における主な活動)