愛知大学研究者情報データベース

検索トップページ検索結果詳細情報

(2018年3月31日 現在)

イ テワン
李 泰王   教授

(2000年4月1日就任)
経済学部   経済学科

専門分野/研究テーマとその内容

アジア経済論/自動車産業とものづくり研究 

過去5年間に発表した著書・学術論文・学会報告

著書・論文・
その他の区分
著書・論文等の名称 発行所・発表雑誌・学会等の名称 著発行・発表年月 査読
著書(著書(単著)[単]) 「ものづくり」自動車産業論 : ヒュンダイとトヨタ  中央経済社    160頁  2016年03月
学術論文(学術論文[単]) 「ものづくりにおける競争力と業際分業に関する研究」  愛知大学経済学会Discussion Paper Series No.21    1-14頁  2018年02月
学術論文(学術論文[単]) 韓国現代自動車の海外市場進出―アメリカ・ジョージア州の起亜自動車と現代MOBIS―  『経済論集』第193号、愛知大学経済学会    1-23頁  2013年12月
その他(ディスカッション・ペーパー[単]) 三菱自動車と現代自動車の1973年技術協力体制の再検討  Discussion Paper Series No.15愛知大学経済学会    1-21頁  2014年07月
学会等発表(研究会発表[単]) 「ものづくり型で国際競争力が測れるか:IMF相性仮説」  第3回本多先生メモリアル研究会      2017年12月
学会等発表(4.学会等報告[単]) 「アセアン自動車市場の現状-タイ自動車販売店の実態」  日本国際経済学会第75回全国大会(中京大学)      2016年10月
学会等発表(学会等発表[単]) Abenomics  韓国国際経営学会成長市場研究会      2015年05月
学会等発表(学会発表[単]) 自動車販売店経営に関する一考察 ―日本自動車産業における小売企業経営の現状を踏まえて―  第51回産業学会全国研究会(専修大学)      2013年06月
学会等発表(学会発表[単]) 円安下の日本自動車輸出の展望と課題  韓国自動車産業学会・2013年度春季大会(韓国)      2013年05月

教育活動

教育実践上の主な業績 年月(自) 年月(至) 概要
1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
『経済学部学習法ガイドブック2014』の製作(改定版作業)  2015/03  現在に至る  旧版『経済学部学習法ガイドブック2014』の改定作業をワーキンググループを中心に進め、2015年版を製作することになった。 
『経済学部学習法ガイドブック2014』の製作(改定版作業)  2013/12  2014/02  ワーキンググループ・メンバー(座長・李泰王、池森均、井口泰秀、清水伸子、スタッフ・神谷茂樹)旧版『経済学部学習法ガイドブック2013』の改定作業をワーキンググループを中心に進め、2014年版を製作することになった。 
『経済学部学習法ガイドブック2013』の改定・編纂作業  2012/04  2013/03  既存の経済学部学習法ガイドブックの全面改定を提案・発議し、4人の構成員による「学習法検討ワーキング・グループ」の座長を務める。経済学部構成員全員の寄稿をもとにした、携帯性に優れたよりシンプルで簡潔な内容のB5版テキストブックが完成され、2013年度春学期に使われている。なお名古屋教務課スタッフのご尽力を得て学内印刷に切替えることで経費削減を図ることができた。 
Moodleを使う授業コミュニケーションの向上  2008/04  現在に至る  「韓国経済論」、「アジア比較経済論」、「アジアの政治と経済」の3科目で実施した。特に、資料印刷の無駄を省くことができた。 
授業への参加を促すための小テスト実施の頻度アップ  2007/04  現在に至る  評価点の中の平常点を30~40%比率で確保することにより、出席率を高めることができた。 
課外活動の実施  2004/04  2004/09  「フィールドワーク方法論」科目の一環として休日に、自動車販売店への取材を実施。フィールドワークのための事前訓練に位置づけた。 
2 作成した教科書、教材、参考書
『入門演習ガイドブック』業務の引継ぎ  2017/04  2018/03  『経済学部学習法ガイドブック』ワーキンググループの新・旧座長交代に際して、2018カリへのスムーズな移行に向け、2017年版の使用頻度アンケートなど、助言をいたしました。 
『経済学部学習法ガイドブック2014』の製作(改定版作業)  2016/03    旧版『経済学部学習法ガイドブック2015』の改定作業をワーキンググループを中心に進め、2016年版を製作することになった。ワーキンググループ・メンバー(座長・李泰王、池森均、井口泰秀、清水伸子、スタッフ・鳥居広志) 
フィールドワーク報告書の編集・発行  2004/12    平成16年8月に経済学部では初めて実施したフィールドワーク結果をまとめた『韓国の自動車流通と市場特性に関するフィールドワーク調査報告書』を編集、発行した(経済学部)。 
著書の出版  2004/10    『ヒュンダイシステムの研究』中央経済者を出版。テキストまたは参考書として活用した。 
3 教育方法・教育実践に関する発表、講演等
模擬講義(岐阜県立中津高校)  2017/11    「ものづくり型から世界経済を読み取る」をテーマに高校2年生に対する講義を行いました。ものづくりから始まる実体経済の成立、金融・財政などマクロ世界への波及・循環まで、経済システム全般について紹介しました。 
フィールドワーク教育課程開発に関するシンポジウム報告  2005/12    豊橋フィールドワーク運営連絡会議主催のシンポジウムで、「愛知大学経済学部フィールドワーク教育課程」と題した報告を行った。 
4 その他教育活動上特記すべき事項
留学生勉学・生活実態調査活動  2005/03  2006/03  第1回愛知大学経済学部留学生勉学・生活に関する基礎調査」(平成17年12月)のためのワーキンググループの代表を務める。 

社会貢献等(社会における主な活動)

学外機関役職・
講演・その他の区分
活動の内容、役職名称 機関名称 年月(自) 年月(至)
講演 한국자동차부품의 일본시장 진출을 위한 발전적 방향(韓国自動車部品の日本市場進出のための発展的方向) 駐名古屋韓国総領事館主催ラウンドテーブル(2014年4月11日、名古屋総領事館) 2014/04
講演 韓国自動車産業の将来展望―家電に続く世界トップ実現は可能か― 自動車問題研究会東海支部第294回定例会(名古屋) 2013/08
その他 高校模擬講義(2015年10月26日) 暁高校(三重県) 2015/10
その他 「町に芽吹く愛大ゼミ・ベンチャー」 『中部経済新聞』2015年1月8日記事 2015/01