愛知大学研究者情報データベース

検索トップページ検索結果詳細情報

(2018年3月31日 現在)

ウメダ ヤスコ
梅田 康子   教授

(2004年4月1日就任)
現代中国学部   現代中国学科

専門分野/研究テーマとその内容

日本語教育/異文化間教育 

過去5年間に発表した著書・学術論文・学会報告

著書・論文・
その他の区分
著書・論文等の名称 発行所・発表雑誌・学会等の名称 著発行・発表年月 査読
学会等発表(学会発表[単]) 海外インターンシップ13年間の成果と課題  2018年東海大学日本語言文化学系国際学術シンポジウム      2018年01月
学会等発表(学会発表[共]) 大学生による日本PRとその内容分析 -グローバル人材育成の取り組みから-  第10回国際日本語教育・日本研究シンポジウム  梅田康子、佐藤良子、木島史雄    2014年11月

教育活動

教育実践上の主な業績 年月(自) 年月(至) 概要
1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
留学生のキャリア支援教育  2011/12  現在に至る  日本語必修科目修了後、どのように日本語学習を継続すれば、卒業後の進路に生かすことができるかをテーマに、留学生向けガイダンスを行っている。インターンシップの案内のほか、学外・学内関係者の講演等も行う。 
ムードルを使用した漢字独習システムの構築  2011/04  現在に至る  自立的に個別学習が進められるよう、ムードルを利用した漢字学習ドリルを作成し、ネットがつながる環境なら24時間いつでも練習できるようにした。 
ピア・レスポンスを取り入れた作文指導  2006/09  現在に至る  協同的な学習を体験できるよう、レポート執筆を目的とした講義において、ピア・レスポンスを導入している。 
異文化適応教育の教育内容、方法の設計と改善  2006/08  現在に至る  異文化トレーニングを現地プログラム事前教育の一環として実施することを提案、その内容と方法を授業担当者と設計 
「FDニュース」第12号(愛知大学FD委員会発行)執筆  2005/12    FD研修報告をニューズレターに執筆、情報の共有を図る。 
日本語教育実習の実施  2005/09  現在に至る  専門演習履修者を対象に、秋学期に日本語教育実習を実施し、コースデザイン、教材作成、教案指導、実技指導を行う 
スケジュール公開  2005/04  現在に至る  日常のスケジュールおよび授業時間割を研究室入口に掲示し、アポイントはメモおよびメールアドレスで相談できるようにしてある。 
学生による授業評価の実施  2000/04  現在に至る  大学の全学的取り組みとして行う授業評価と、自分の担当する講義への独自アンケートを実施し、授業内容や授業方法に学生の希望を反映させている。 
留学生を対象とする図書館と連動したメディア・リテラシーの育成とレポート作成指導  2000/04  現在に至る  大学の情報部門、データベースを扱う図書館の部門と連携し、様々な文献検索と統計資料検索の方法のレクチャーを施し、同時に、日本語論文の書き方の特徴を講義し、学んだものを総合してレポートを作成するという授業方法である。 
2 作成した教科書、教材、参考書
『商務日語慣用表現560』大連出版社(中国)  2007/09    ビジネス日本語教材。容易にセルフアクセスできるように設計してあり、どこから学んでもよいし、辞書のように使うこともできる。対訳があり自学も可能である。 
『絵で導入・絵で練習』凡人社  2004/10    絵を用いて文型を導入・練習したいと考える日本語教師を対象に、絵のリソースと導入法を解説した教師支援のための参考書。 
新聞記事の教材化  2004/04  2009/01  主に文章の構造理解を目的とした教材を作成 
3 教育方法・教育実践に関する発表、講演等
天津日本語教師会講演「動機づけの理論と実践」  2014/03    第二言語学習における動機づけ研究における重要研究を紹介し、その中でドルニェイの動機づけプロセスモデルと動機づけストラテジーを使ってワークショップを行った。 
愛知大学グローバル人材育成推進フォーラム/パネル「 さくら21プロジェクトの取り組み」  2013/11    グローバル人材育成事業の一つであるさくら21プロジェクトの理念とその具体的活動を紹介した。 
西安交通大学城市学院講演「留学生の見た日本」  2013/04    日本語学科の学生向けに、留学とホスト文化を軸にして、事例を交えながら文化を研究する切り口について講演した。 
卒業後の進路を目指した日本語教育~愛知大学の取り組み~  2006/10  2006/10  日本語教育シンポジウムにて学部3年生以上を対象とする日本語科目の取り組みを発表 
第9回ヨーロッパ日本語教育シンポジウムワークショップ  2004/08    「自律的な学習を支援する活動-個別支援・学習カウンセリング・リソースの拡大-」というタイトルでワークショップを行った。 
4 その他教育活動上特記すべき事項
「愛知大学通信」207号執筆   2017/01    「我が学部自慢」現代中国学部の項に、さくら21科目の展開について執筆した。(p18)  
「語研ニュース」26号執筆  2011/12    「海外最新事情」として、語学学習と文化理解に役立つ情報を提供。(pp13-14) 
現地インターンシップ報告書の作成指導  2009/10  現在に至る  現代中国学部の「現地インターンシップ報告」で、報告書作成を担当。学生編集委員と出版社と三者で報告書の作成を行っている。 
成績不振者の個別指導  2009/04  2009/07  プレースメントで成績が低かった者に対して、一緒に学習計画を立てる 
「愛知大学通信」177号執筆  2007/11    学生や父母に向けた書かれたコラム「学生相談室より」を担当した。(p17) 
「語研ニュース」16号執筆  2006/12    「海外最新事情」として、語学学習と文化理解に役立つ情報を提供。(pp21-22) 
授業改善研修への参加及び成果レポートの公表  2006/03  2006/03  「第11回 FDフォーラム」(財団法人大学コンソーシアム京都) 京都外国語大学・キャンパスプラザ京都 
授業改善研修への参加及び成果レポートの公表  2004/09  2004/09  「大学生の基礎学力の維持方策」(メディア教育開発センター)北海道情報大学 
オフィスアワーの設置  2004/04  現在に至る  学習、履修に関する個別相談 
スピーチコンテスト出場者への個別指導  2004/04  現在に至る  原稿のチェック、音声面の指導、パフォーマンス指導 
学内の教学に関わる委員会等に所属  2004/04  現在に至る  語学教育研究室運営委員、教職課程センター委員、国際交流センター委員、現代中国学部教学検討委員、現代中国学部将来構想委員、現代中国学部現地インターンシップ委員、グローバル人材育成推進委員 

社会貢献等(社会における主な活動)

学外機関役職・
講演・その他の区分
活動の内容、役職名称 機関名称 年月(自) 年月(至)
学外機関役職 日本語教育振興協会審査委員 日本語教育振興協会 2016/04 現在に至る
学外機関役職 日本語教育学会研究集会中部地区委員 日本語教育学会 2012/07 現在に至る
講演 さくら21プロジェクトの課題と展望 愛知大学グローバル人材育成推進事業「さくら21プロジェクト」成果報告会 2016/06
講演 「発見!日本の不思議」第4講 幸田町生涯学習講座「愛知大学公開講座」 2016/03
講演 動機づけにつながる形成的評価-代替アセスメントの活用- 天津日本語教師会 2016/03
講演 教材の分析と改善―動機づけ理論の観点から― 天津日本語教師会(中国) 2015/03
講演 動機づけの理論と実践 天津日本語教師会(中国) 2014/03
講演 愛知大学グローバル人材育成 さくら21プロジェクトの取り組み 愛知大学グローバル人材育成推進フォーラム 2013/11
講演 留学生が見た日本 西安交通大学城市学院(中国) 2013/04
講演 コミュニケーション能力と会話指導 天津日本語教師会 2013/03
講演 話すことを教えるということ 琉球大学留学生センター 2013/02
講演 話すことを教えるということ リオデジャネイロ日本語普及会 2012/04
講演 留学生と異文化適応 天津日本語教師会 2011/05
講演 日本語教育と文化 -日本事情と日本語の連携- 天津日本語教師会 2010/03
講演 ビジネス日本語の教え方 -文化論からみた日本語のコミュニケーションの特徴- 天津日本語教師会 2009/06
講演 日本語教育とコミュニケーション オーストリア日本語教師会 2007/09
その他 愛知大学現代中国学部における現地インターンシップ 大学行政管理学会 2017/10
その他 現代中国学部提供講座~世界で学ばれる日本語~ 愛知大学オープンカレッジ 2014/10
その他 現代中国学部提供講座~中国からの留学生から見る現代中国の40年について~ 愛知大学オープンカレッジ 2012/10
その他 ラジオ番組「チャイナ・なう」出演 東海ラジオ 2012/07
その他 京畿道中等日本語教師研修(夏季集中研修)サポート 京畿道外国語教育研修院(韓国) 2010/05 2011/07