愛知大学研究者情報データベース

検索トップページ検索結果詳細情報

(2018年3月31日 現在)

アベ タケヒコ
阿部 武彦   教授

(2011年4月1日就任)
経済学部   経済学科

専門分野/研究テーマとその内容

経営や福祉分野における情報システムに関する研究

過去5年間に発表した著書・学術論文・学会報告

著書・論文・
その他の区分
著書・論文等の名称 発行所・発表雑誌・学会等の名称 著発行・発表年月 査読
著書([共]) コンピュータ科学の基礎  共立出版  木村春彦監修、田嶋拓也、阿部武彦  全203頁  2017年03月
学術論文(学術論文[共]) Proc. of the 17th Asia Pacific Industrial Engineering and Management Systems Conference  Development of Sleep Disorder Detection System using Pressure Distribution Sensor  Suthipat Swangarom, Takuya Tajima, Takehiko Abe, Haruhiko Kimura  e-Proceeding(B7-1~B7-4)  2017年12月
学術論文(学術論文[共]) Proc. of the 2017 International Conference on Biometrics and Kansei Engineering  Development of Sleep Disorder Detection System for Solitary Person using Boditrak Sensor  Suthipat Swangarom, Takuya Tajima, Takehiko Abe, Haruhiko Kimura  66-69頁  2017年09月
学術論文(学術論文[共]) Development of Sleep Disorder Detection System-As Part of Development of Clinical Depression Diagnosis Support System for Solitary Person-  Proc. of the 16th Asia Pacific Industrial Engineering and Management Systems Conference  Takuya Tajima, Takehiko Abe, Haruhiko Kimura  paperID:0178  2016年12月
学術論文(学術論文[共]) Development of Clinical Depression Diagnosis Support System for Solitary Person  The 48th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications  Takuya Tajima, Takehiko Abe, Haruhiko Kimura  paperID:2B1-3  2016年11月
学術論文(学術論文[共]) Development of Attribute Classification Method for Pedestrians Using Plantar Pressure Value  Sensors and Materials Vol.26,No.4  Takuya Tajima, Takehiko Abe, Haruhiko Kimura  pp.329–339  2016年04月
学術論文(学術論文[共]) Improvement of Attribute Classification Method for Pedestrians Using Plantar Pressure Value  Proc. of the 16th Asia Pacific Industrial Engineering and Management Systems Conference  Takuya Tajima, Takehiko Abe, and Haruhiko Kimura  620-627頁  2015年12月
学術論文(学術論文[共]) An analysis of the various factors related to the establishment of optimum cash register numbers  Studies in Science and Technology,Vol.4, No.2  Bin Fang, Takuya Tajima, Takehiko Abe, Shinichi Shibata, Hidetaka Nambo, Akinori Ono, Haruhiko Kimura  139-148頁  2015年12月
学術論文(学術論文[共]) POSデータによる最適な稼働レジ台数の予測に関する一考察  日本設備管理学会誌, Vol.27, No.1  方斌,田嶋拓也,阿部武彦,柴田慎一,南保英孝,木村春彦  1-11頁  2015年05月
学術論文(学術論文[共]) Identifying and Assessing Walking Ability Using an Accelerometer and a Support Vector Machine  Smart Digital Futures  Shin-ichi Shibata, Tomoaki Beniya, Takuya Tajima, Takehiko Abe, Haruhiko Kimura  345-356頁  2014年06月
学術論文(学術論文[共]) Evaluation of Customer Classification System for Multiple Pedestrians Using Pressure Sensors  Proceeding of the 14th Asia Pacific Conference on Industrial Engineering and Management Systems  Junjirou Hasegawa, Takuya Tajima, Takehiko Abe, Haruhiko Kimura  全8頁  2013年12月
学術論文(学術論文[共]) Customer Classification Method for Multiple Pedestrians Using Pressure Sensors  2013 International Joint Conference on Awareness Science and Technology  Junjirou Hasegawa, Takuya Tajima, Takehiko Abe, Haruhiko Kimura  350-353頁  2013年11月
学術論文(学術論文[共]) Development Age Groups Estimation Method Using Pressure Sensors Array  Information Technology Convergence Lecture Notes in Electrical Engineering 253 vol.2  Junjirou Hasegawa, Takuya Tajima, Takehiko Abe, Haruhiko Kimura  847-854頁  2013年07月
学会等発表(学会発表[共]) ハイブリッドセンサを用いた歩幅・関節駆動制限における歩行識別  電子情報通信学会総合大会講演会論文集2016年_基礎・境界  吉田将緒,田村真之介,柴田慎一,田嶋拓也,阿部武彦,木村春彦  p.330  2016年03月
学会等発表(学会発表[共]) 価格弾力性を考慮した牛乳の販売量予測に関する研究  電子情報通信学会総合大会講演会論文集2016年_情報・システム(2)  坪井英治,柴田慎一,田嶋拓也,阿部武彦,木村春彦  p.213  2016年03月
学会等発表(学会発表[共]) 価格モデルを考慮したニューラルネットワークによる牛乳販売量の予測  電子情報通信学会,電子情報通信学会総合大会講演会論文集2015年_情報・システムソサイエテイ(D-20-5)  鋤柄求,今井慎也,柴田慎一,田嶋拓也,阿部武彦,木村春彦  p.174  2015年03月
学会等発表(学会発表[共]) 季節モデルを考慮したニューラルネットワークによる牛乳販売量の予測  日本設備管理学会,環境・福祉と設備管理研究  鋤柄求,今井慎也,柴田慎一,田嶋拓也,阿部武彦,木村春彦  69-74頁  2015年02月

教育活動

教育実践上の主な業績 年月(自) 年月(至) 概要
1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
多変量解析による授業アンケート分析と授業改善に関する研究  2006/07  2006/11  日本工学教育協会第54回年次大会 工学・工業教育研究講演会講演論文集, pp.408-409 社団法人日本工学教育協会・工学教育, Vol.54 No.6, pp.136-140これらの研究では、アンケート結果と回答者の成績、さらにアンケート設問内の満足度の度合いとの関係を、重回帰分析や数量化理論Ⅲ類などの多変量解析の手法を用いて分析した。またこれらの分析を通じて、学生の学習効率を一層高めるための授業改善の考察を行った。以上の成果を口頭発表ならびに論文発表したものである。 
2 作成した教科書、教材、参考書
『初歩のデータベース論』  2007/10    共立出版株式会社関係データベースを中心としたデータベースの初学者向けの入門書である。具体的な例を用いてデータベースの基礎をわかりやすく解説し、またデータベースに蓄積された大量のデータを分析し新たな情報を抽出する情報処理技術であるデータマイニングの統計的な手法も具体的に解説する。豊富な演習問題と詳細な解説をつけることにより、情報処理技術者試験のテクニカルエンジニア(データベース)や初級システムアドミニストレータ試験対策の自習書としても使うことができる。担当:「第1章~第6章 pp.1~140(全7章 15454ページ)」阿部武彦,木村春彦 
『平成18年度 産学連携製造中核人材育成事業(経済産業省)北陸地域の産業機械製造中堅・中小企業の生産工程管理者育成プログラム開発 クオリティ・マネジメント 座学編』  2006/04    「第4章 ヒューマンエラーの対処法」pp.55-67執筆担当経済産業省の「産学連携製造中核人材育成事業」に採択された「北陸地域の産業機械製造中堅・中小企業の生産工程管理者育成」プロジェクトで開発されたプログラムのテキストである。「産学連携製造中核人材育成事業」とは、製造現場の中核人材の育成のための拠点を全国各地に整備するため、地域の産業集積と大学等がコンソーシアムを形成して実施する、製造現場で求められる技術・ノウハウの教育プログラムの開発プロジェクトである。柴田,土屋,阿部,三原,小林,中野 
3 教育方法・教育実践に関する発表、講演等
金沢市技術開発ゼミナール「パソコンによるプレゼンテーション技法入門コース」講師(2000年度~2005年度の間、計7回実施)  2001/01  2005/06  金沢市経済部工業振興課が主催する社会人を対象とした「金沢市技術開発ゼミナール」の講師を6年にわたって務めた。講習内容は、パワーポイントを利用したスライドの作成法・操作法、およびパワーポイントを利用したプレゼンテーション技法に関するものである。・2001年1月22日、2月5日、26日、3月5日、12日の全5回担当(3時間/回)・2001年10月22日、29日、11月5日、12日、19日、26日の全6回担当・2002年5月20日、27日、6月3日、10日、17日、24日の全6回担当・2003年1月29日、2月29日、2月5日、12日、19日、26日、3月5日の全6回担当・2003年6月19日、26日、7月3日、10日、17日、24日の全6回担当・2004年6月16日、23日、30日、7月7日、14日、21日の全6回担当・2005年5月19日、26日、6月2日、9日、16日、23日の全6回担当 
4 その他教育活動上特記すべき事項
2004年度 (社)日本工学教育協会 第52回年次大会 運営委員会運営委員  2003/08  2004/08  金沢工業大学にて開催された年次大会の運営委員を1年にわたって務めた。 

社会貢献等(社会における主な活動)