愛知大学研究者情報データベース

検索トップページ検索結果詳細情報

(2018年7月21日 現在)

セキ ヨシマサ
関 義正   准教授

(2014年4月1日就任)
文学部   人文社会学科

専門分野/研究テーマとその内容

生物心理学/音声コミュニケーション、模倣・同調

過去5年間に発表した著書・学術論文・学会報告

著書・論文・
その他の区分
著書・論文等の名称 発行所・発表雑誌・学会等の名称 著発行・発表年月 査読
著書(著書[他]) 動物たちは何を考えている? -動物心理学の挑戦- (知りたい! サイエンス)  技術評論社  藤田和生  191-195頁  2015年04月
著書(著書[共]) 行動生物学辞典  東京化学同人  上田恵介、他    2013年11月
学術論文(学術論文[共]) Failure of operant control of vocal learning in budgerigars. , 5(1), 154-168.  Animal Behavior and Cognition 5(1)  Seki, Y., Osmanski, M. S., & Dooling, R. J.   154-168  2018年01月
学術論文(学術論文[単]) What budgerigars tell us about vocal communication  音声研究 21(1)    31-37  2017年04月
学術論文(学術論文[共]) 対面とオンライン-画像への評価がより高くなるのはどちらか:httpサーバを用いた心理実験の例  愛知大学情報メディアセンター紀要「COM」Vol.27(1)  坂口春香、関義正  pp.45-56  2017年03月
学術論文(学術論文[共]) Affective valence of neurons in the vicinity of the rat amygdala: Single unit activity in response to a conditioned behavior and vocal sound playback.   Behav Brain Res 324  Kagawa H, Seki Y, Okanoya K  pp.109-114.  2017年02月
学術論文(学術論文[共]) Effect of conspecific and heterospecific video playback on food consumption in budgerigars and Bengalese finches. , 81-90.  Psychologia, 59(2-3)  Ikkatai, Y., & Seki, Y.   81-90  2016年12月
学術論文(学術論文[共]) Cognitive bias in rats evoked by ultrasonic vocalizations suggests emotional contagion  Behav Processes, 132  Saito Y, Yuki S, Seki Y, Kagawa H, Okanoya K  pp.5-11  2016年08月
学術論文(学術論文[共]) Observing real-time social interaction via telecommunication methods in budgerigars.  Behav Processes 128  Ikkatai Y, Okanoya K, Seki Y  pp.29-36  2016年03月
学術論文(学術論文[共]) Hierarchical emergence of sequence sensitivity in the songbird auditory forebrain.  J. Comp. Phys. A 202  Ono S, Okanoya K, Seki Y  pp.163-183  2016年02月
学術論文(学術論文[単]) 宮澤・伊澤論文にある「競争的利他性仮説」に対する鳥の歌研究者によるコメント  心理学評論 58    313-317頁  2016年02月
学術論文(学術論文[共]) Effect of auditory stimuli on conditioned vocal behavior of budgerigars  Behav Processes 122  Seki Y, Dooling RJ  pp.87-89  2015年11月
学術論文(学術論文[共]) Limitations of a habituation task to demonstrate discrimination of natural signals in songbirds  Behavioural Processes, 115号  Satoko OnlKagawa HirokoMiki TakahasiYoshimasa SekiKazuo Okanoya  100-108  2015年03月
学術論文(学術論文[共]) Food rewards modulate the activity of song neurons in Bengalese finches  Eur. J. Neurosci. 39(6)  Seki Y, Hessler NA, Xie K, Okanoya K.  pp.975-983  2014年03月
学術論文(学術論文[共]) Local structure sensitivity in auditory information processing in avian song nuclei.  Neuroreport(オンライン)  Koumura T, Seki Y, Okanoya K.  doi: 10.1097/WNR.0000000000000136  2014年03月
学術論文(学術論文[共]) Songbirds and humans apply different strategies in a sound sequence discrimination task.  Front Psychol. 4:447.(オンラインジャーナル)  Seki Y, Suzuki K, Osawa AM, Okanoya K.  doi: 10.3389/fpsyg.2013.00447  2013年07月
論文・解説(雑誌記事[共]) 「情動の生物学的基盤」  生物の科学「遺伝」(掌華房)11月号  黒谷亨、関義正  649-654頁  2013年10月
その他(国際学会発表[共]) Warbling is a highly contagious behavior in male budgerigars.  Intl Ethol. Conf. Association for the Study of Animal Behaviour (New Castle, UK)  Seki Y, Ikkatai Y, Abe H, Okanoya K.    2013年08月
その他(国際学会発表[共]) Effects of amygdala lesions on male mouse ultrasonic vocalizations and sexual behavior  Intl Ethol. Conf. Association for the Study of Animal Behaviour (New Castle, UK)  Matsumoto YK, Okanoya K, Seki Y.    2013年08月
その他(国際学会発表[共]) Skype birds; Audio-visual online communication in budgerigars (Melopsittacus undulatus)  Intl Ethol. Conf. Association for the Study of Animal Behaviour (New Castle, UK)  Ikkatai Y, Okanoya K, Seki Y.    2013年08月
学会等発表(学会等報告[単]) Individual difference and vocal learning of contact-call-like sounds in juvenile cockatiels  4th Annual Meeting of the Society for Bioacoustics      2017年12月
学会等発表(学会等報告[単]) Evaluation of capability for rhythmic synchronization in avian vocal learners using operant conditioning methods  Behaviour2017(35th International Ethological Conference)      2017年08月
学会等発表(学会等報告[共]) オカメインコヒナ音声の定量的分析による発達と個体差の検討  行動2017(日本動物行動関連学会・研究会合同大会)  夏目 登子・神谷 真由・林 亜海・伊東 采音・関 義正    2017年08月
学会等発表(学会等報告[単]) 「ヒトの音楽性に迫る:その起源と発達についての多角的検討」話題提供  日本赤ちゃん学会 第17回学術会議      2017年07月
学会等発表(学会等報告[単]) Studies of rhythmic synchronization in avian vocal learners using operant conditioning methods  173rd meeting of the Acoustical Society of Americaボストン      2017年06月
学会等発表(学会発表[単]) Entrainment to metronomic sounds in vocal learning birds; Studies using key pecking operant tasks   生物音響学会第3回研究発表会(愛知)      2016年12月
学会等発表(学会発表[単]) Entrainment to metronomic sounds in vocal learning birds; Studies using key pecking operant tasks   日本動物心理学会第76回大会      2016年11月
学会等発表(学会発表[単]) トリのさえずり・オウムの声まねを手がかりに歌・音楽の生得性を考える  日本音楽教育学会第47回大会(横浜国大)      2016年08月
学会等発表(学会発表[単]) トリは歌をうたうこと・聴くことを楽しむか: 生物学的に考える歌の生得性  日本赤ちゃん学会第16回学術集会(同志社・今出川)      2016年05月
学会等発表(学会発表[単]) Production of temporal intervals in a key-peck task of Bengalese finches  Time and Awareness; a symposium and a workshop 東京大学駒場キャンパス      2015年12月
学会等発表(学会発表[共]) Vocal conditioning with playback of two template sounds in budgerigars  170th Meeting of the Acoustical Society of America, Hyatt Regency Jacksonville Riverfront Hotel, Jacksonville, FL  Seki Y, Dooling RJ    2015年11月
学会等発表(学会発表[共]) The power of reinforcement of real-time social interaction via audio-visual computer devices in budgerigars (Melopsittacus undulatus)  日本動物心理学会第75回大会 日本女子大学目白キャンパス  Ikkatai Y, Okanoya K, Seki Y    2015年09月
学会等発表(学会発表[単]) The Biological Substrates of Perception and Production of Music; What Songbirds tell us about it  日本動物心理学会第75回大会 自由集会 ""Evolution and biological foundation of music: perspectives from non-human animal study about rhythm perception and production""日本女子大学目白キャンパス      2015年09月
学会等発表(学会発表[共]) Production of temporal interval in a key-peck task of Bengalese finches  日本動物心理学会第75回大会 日本女子大学目白キャンパス  Seki Y, Okanoya K, Ikkatai Y    2015年09月
学会等発表(学会発表[共]) 動物は視聴覚機器を介した対面コミュニケーションを好むだろうか-セキセイインコを用いた研究   第10回犬山比較社会認知シンポジウム  関義正 岡ノ谷一夫 一方井祐子    2015年02月
学会等発表(学会発表[単]) 小型鳥類を用いた心理実験のための装置開発  日本心理学会第78回大会      2014年09月
学会等発表(学会発表[共]) Lack of rhythmic synchronization in a key-pecking task of Bengalese finches  日本動物心理学会第74回大会  Yoshimasa SekiKazuo Okanoya    2014年07月

教育活動

教育実践上の主な業績 年月(自) 年月(至) 概要
1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
学生の授業外における学習促進のための取り組み:オンラインでの原著論文を探し方、読む(眺める)方法の教示  2010/10  現在に至る  レポート作成のために原著論文を探すこともできることを伝えた。学部2年生でもできる方法を具体的に教えた。 
視聴覚教材による研究紹介  2010/04  現在に至る  自身のデータ、個人的に入手した動画像・音声データに加え、近年、学術論文の補助資料としてオンラインで提供されているファイルを用い、講義の際に頻繁に映写機・スピーカーにより再生、講義内容に具体性を加えた。 
2 作成した教科書、教材、参考書
最新の原著論文を含めた独自教材  2010/04  現在に至る  論文のタイトル・著者を明記したうえで公開されている視聴覚素材を用いた講義用スライドを作成した。 
3 教育方法・教育実践に関する発表、講演等
愛知県教育委員会主催 「あいちの大学『学び』フォーラム2015 講義『心とは何だろう~ヒトと動物の心理実験からわかること~』」  2015/08     
4 その他教育活動上特記すべき事項

社会貢献等(社会における主な活動)

学外機関役職・
講演・その他の区分
活動の内容、役職名称 機関名称 年月(自) 年月(至)
学外機関役職 理事 社団法人 生物音響学会 2017/12 現在に至る
学外機関役職 英文誌編集委員 日本鳥類学会 2013/01 現在に至る
講演 音楽を楽しむ心の起源 愛知大学心理学フォーラム2017① 2018/03
講演 生物の進化から多様性の意義を考える 豊橋市民大学トラム 愛知大学連携講座 2017/10
講演 動物の声まね研究から学ぶコミュニケーションのかたち 豊橋市まちなか図書館 サイエンスカフェ 2017/03
講演 歌・声まね・ダンスによるコミュニケーション -ヒトとトリの比較- あいちトリエンナーレ2016 2016/10
講演 「声まね能力とリズム感」 東京大学進化認知科学研究センター主催シンポジウム「リズム感と音楽の進化生物学的基盤」 2014/03
その他 話しことばによるコミュニケーション その重要性の再考 中部経済新聞オープンカレッジ 2017/02
その他 インコはなぜ人間の言葉を話すのか? NHKラジオ番組「ごごラジ!」 2016/06