愛知大学研究者情報データベース

検索トップページ検索結果詳細情報

(2018年3月31日 現在)

リーア ギルナー
リーア ギルナー   教授

(2018年4月1日就任)
法学部   法学科

専門分野/研究テーマとその内容

応用言語学、心理言語学/語彙知識習得と応用音声学

過去5年間に発表した著書・学術論文・学会報告

著書・論文・
その他の区分
著書・論文等の名称 発行所・発表雑誌・学会等の名称 著発行・発表年月 査読
学術論文(学術論文[単]) Language ecologies and world English varieties: Challenging implications  文京学院大学紀要第第17号    pp. 1-11  2018年02月
学術論文(学術論文[単]) Intelligibility and global English-language use: An introduction  文京学院大学紀要第第16号    pp. 13-22  2017年02月
学術論文(学術論文[単]) Exploratory Considerations on Language Pedagogy from a Lingua Franca Perspective  文京学院大学紀要第第15号    pp. 67-77  2016年02月
学術論文(学術論文[単]) Identification of a dominant vocabulary in ELF interactions   Journal of English as a Lingua Franca, 5(1),     pp. 27-51  2016年02月
学術論文(学術論文[共]) オンライン英語語彙力診断テストの開発   文京学院大学総合研究所紀要第17号  与那覇信恵, Leah Gilner  pp. 65-72  2016年02月
学術論文(学術論文[単]) A consideration of the methodological underpinnings in the elicitation of speakers’ vocabulary preferences  Waseda Working Papers in ELF, Vol. 4    pp. 168-183  2015年06月
学術論文(学術論文[単]) High frequency words in spoken English as a lingua franca in academic settings  文京学院大学紀要第第14号    pp. 1-11  2015年02月
学術論文(学術論文) A deconstruction of public speaking aimed at the development of presentation skills  Speak Out! Issue 51    pp. 24-35  2014年09月
学術論文(学術論文[単]) An analysis of ELF speakers’ lexical preferences  「アジア英語研究」第16号    pp. 5-16  2014年06月
学術論文(学術論文[単]) Stress-testing the ICE-CORE against 3.1 billion words  文京学院大学短期大紀要第第13号. Reproduced in 英語学論説資科収録論文第48号    pp. 21-29  2014年02月

教育活動

教育実践上の主な業績 年月(自) 年月(至) 概要
1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
教育方法  2012/04  2017/03  平成24年度から特別留学プログラムがはじまり、連携の二つ科目(Academic Reading and Academic Writing)を教える。中心は学生さんが海外に勉強する目標。アカデミックテキストを理解力、まとめる力、印象を説明力、プレスン力を高まれる。 
教育方法  2010/09  2013/03  2010度後学期からTOEIC中級を目指すを担当する。TOEICスコアを高める目標である。研究結果による高頻度を習うストラテジーとwebsiteを指導する。教育活動はpractice testをやって、partnerと答えがcheckをする。それからwhole groupで答えを確認する。 
教育方法  2010/04  2017/03  英語音声・音韻学は学生らが英語で基礎入門の目標である。学び点はarticulatory gestures, vowel and consonant sounds, word stress, tonic stress, rhythm and intonationを含まれる。 
教育方法  2009/04  2017/03  毎学期には3,4回Voluntary Pronunciation Workshopsを開催する。誰でものためにpractical, hands-on introduction to clear and intelligible pronunciationである。 
教育方法  2006/04  2009/03  Content-based Englishの場合は、二つ科目担当する。一つのIntroduction to Language Teaching Methods, 二つのGood Government, Bad Governmentである。 両ともには専門コースに関連するdesignである。簡単に言うと、このCBE科目では専門コースに得た知識を使うはずの教育活動を工具する。学生らが毎週にはあるテーマを英語で書いてあったもの読みながら、調べて、報告用意する。授業には英語でdiscussion/presentationをやる。 
教育方法  2000/04  2017/03  聞き取り能力を高めるために、Web-based教材作成を実施した。日常のテーマやESP・EAPが理解可能な言語インプトを選んで、リスニングの教材と宿題を作成した。 
教育方法  1998/04  2000/03  会話の上達を目的とする授業の場合は、学生は自分の興味によって読み物(英語で書いた新聞記事、インターネットで出てくる論文等)を選んで授業前に要約を準備する。(有用な語彙を見つけ、意味や用法を調べ、内容に関して意見を考え、DiscussionのQ&Aを作る。授業で学生たちは要約の内容のPresentationをする。 
2 作成した教科書、教材、参考書
作成した教材  2015/04  2017/03  オンライン英語語彙力 診断テストの開発 
作成した教材  2009/04  2014/03  英語語彙力 診断テストの開発 
作成した教材  2009/04  2012/03  大学入門 English SkillsのTime Management発表とworksheetを作成した。Free writing and speed reading activities.Listening comprehension questions based on VOA audio and video. 
作成した教材  2009/04  現在に至る  Materials for study and practice of English sound system (segmental and supra-segmental aspects).Materials for study of well-known language teaching methods.  
作成した教材  2006/04  2009/03  名古屋外国大学外国語学部日本語学科副専攻言語の担当した会話・作文、総合演習科目の教材 
発展したソフト  2005/05    Transcripteur 
発展したソフト  2004/09    Ichos-GSL 
発展したソフト  2004/05  現在に至る  TheSage’s English Dictionary and Thesaurus 
発展したソフト  2004/04    TheScribe 
発展したソフト  2003/08    BVProfiler 
作成した教材  2000/04  2004/03  立命館大学理工学部英語プログラムリスニングとリーディング専用教科書の「English Explorations」 
発展したソフト  2000/01    Phonetic English Inventory 
発展したソフト  1999/08    Common Pronunciation Errors 
発展したソフト  1998/05    Phoneme Identification 
3 教育方法・教育実践に関する発表、講演等
講演  2010/04  2015/03  言語習得方法 
講演  2009/04  2017/03  応用音声学論 
4 その他教育活動上特記すべき事項

社会貢献等(社会における主な活動)

学外機関役職・
講演・その他の区分
活動の内容、役職名称 機関名称 年月(自) 年月(至)
学外機関役職 委員会員 大学英語教育学会セミナー事業委員会員 2017/04 現在に至る
学外機関役職 会副委員長 大学英語教育学会学術交流委員会副委員長 2017/04 現在に至る
学外機関役職 学会研究会設立メンバー 大学英語教育学会 ELF (English as a Lingua Franca) 研究会設立メンバー (現在に至る) 2016/04 現在に至る
学外機関役職 学会会委員 大学英語教育学会学術交流委員会委員 (現在に至る) 2014/04 現在に至る
学外機関役職 国際研究論文編集者 Editor for Asian Englishes journal(現在に至る) 2011/04 現在に至る
学外機関役職 研究企画委員 大学英語教育学会中部支部 研究企画委員(現在に至る) 2007/04 現在に至る
学外機関役職 学会会員 International Association of World Englishes (IAWE) 学会会員(現在に至る) 2006/05 現在に至る
学外機関役職 学会会員 日本「アジア英語」学会 (JAFAE)会員(現在に至る) 2006/05 現在に至る
学外機関役職 学会会員 International Association of Applied Linguistics (IAAL) 学会会員(現在に至る) 2006/05 現在に至る
学外機関役職 学会会員 大学英語教育学会 (JACET)会員(現在に至る) 2005/06 現在に至る
学外機関役職 学会会員 Asia TEFL学会会員(現在に至る) 2003/09 現在に至る
講演 発表 文京学院大学の入学前ガイダンス 2010/04 2017/03
講演 模擬授業 文京学院大学のオープンキャンパス 2009/04 2017/03
その他 助成金 科学研究費助成金 基盤研究(C) 2016/04 2019/03
その他 助成金 日本「アジア英語」学会研究助成金 2016/04 2017/03
その他 助成金 日本「アジア英語」学会研究助成金 2013/04 2014/03
その他 助成金 文京学院大共同研究経費助成金 2012/04 2013/03
その他 助成金 科学研究費助成金 基盤研究(C) 2010/04 2012/03