愛知大学研究者情報データベース

検索トップページ検索結果詳細情報

(2019年3月31日 現在)

カマクラ トモカズ
鎌倉 友一   教授

(2018年4月1日就任)
経営学部   会計ファイナンス学科

専門分野/研究テーマとその内容

租税判例研究/納税者の視点から見た現代税法の抱える諸問題の研究

過去5年間に発表した著書・学術論文・学会報告

著書・論文・
その他の区分
著書・論文等の名称 発行所・発表雑誌・学会等の名称 著発行・発表年月 査読
学術論文(学術論文[単]) 「類似業種比準方式における利益金額の比重が大きいことの問題について」  「TKC税研情報」第5巻第4号、TKC税務研究所    57-63頁  2016年08月
学術論文(学術論文[単]) 「類似業種比準方式における利益金額の比重が大きいことの問題について」  「TKC税研情報」第5巻第4号、TKC税務研究所    57-63頁  2016年08月
論文・解説(学術論文[単]) 「相続税法68条『偽りその他不正の行為』と名義預金の申告漏れ」  「TKC税研情報」第24巻第2号、TKC税務研究所    33-46頁  2015年04月
その他(学術論文[単]) 「重加算税の賦課要件と租税逋脱罪の構成要件-神戸地裁平成26年1月17日判決を題材にして-」  名古屋商科大学学内論集    67-83頁  2015年03月
学会等発表(学会等発表[他]) 「会社法からみた税法上の非上場株式の時価評価-事業承継の視点から-」  TKCタックスフォラム2016      2016年06月

教育活動

教育実践上の主な業績 年月(自) 年月(至) 概要
1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
Moodleの活用  2018/04  現在に至る  パワーポイントを用いた講義のため、学生はMoodleにアップロードされた出力用資料を講義前の出力による講義参加を図っている。 
確認テストの実施  2013/04  現在に至る  前週の講義の確認テストを実施し、講義内容のリマインドにより講義の連続性の確保に努めている。 
シラバズの充実  2013/04  現在に至る  担当する複数科目におけるシラバス表記を統一化する。 
個別の修士論文指導  2013/04  現在に至る  大学院において、演習時間以外で個別に修士論文指導を実施した。 
パワーポイントの活用  2013/04  現在に至る  パワーポイントを用いた講義により板書時間等を省略することで、講義内容の充実化を図っている。 
2 作成した教科書、教材、参考書
テキストに即したパワーポイント教材の作成  2013/04  現在に至る  担当講義科目毎に、テキストに即したパワーポイントを作成している。 
3 教育方法・教育実践に関する発表、講演等
大学院における模擬講義の実施  2017/11    大学院への入学を検討する者に向けて模擬講義を実施した。 
学部における模擬講義の実施  2015/08    学部への入学を検討する高校生に向けて模擬講義を実施した。 
セミナーの実施  2007/06    住宅メーカー主催の相続税対策セミナーの実施 
4 その他教育活動上特記すべき事項
本校における大学院ゼミ夏季合宿の実施  2018/08    演習生の修士論文の進捗状況報告を兼ね、各自にレジュメを用いさせて発表を実施した。 
前任校における大学院ゼミ夏季合宿の実施  2014/08  2017/08  修士論文の進捗状況報告を兼ね、パワーポイントを用いたプレゼンテーションによる発表を実施した。 

社会貢献等(社会における主な活動)

学外機関役職・
講演・その他の区分
活動の内容、役職名称 機関名称 年月(自) 年月(至)
学外機関役職 理事 日本租税理論学会 2018/12 現在に至る
学外機関役職 委員 日進市情報公開審査会 2015/10 現在に至る
学外機関役職 委員 日進市個人情報保護審査会 2015/10 現在に至る
講演 消費税の軽減税率対応セミナー 鎌倉会計事務所 2018/10
その他 会長代理 豊明市、東郷町、日進市合同による行政不服審査会 2016/04 現在に至る