愛知大学研究者情報データベース

検索トップページ検索結果詳細情報

(2018年3月31日 現在)

ナガタ ミチヒロ
永田 道弘   准教授

(2018年4月1日就任)
国際コミュニケーション学部  

専門分野/研究テーマとその内容

フランス文学、映画研究/フランスのモダニズム運動、ナチス占領下のフランス映画

過去5年間に発表した著書・学術論文・学会報告

著書・論文・
その他の区分
著書・論文等の名称 発行所・発表雑誌・学会等の名称 著発行・発表年月 査読
学術論文(学術論文[単]) 戦争/映画/文学~『ランジェ公爵夫人』と『罪の天使たち』をめぐる考察  フランス文学論集(日本フランス語フランス文学会九州支部) 52号    1-17頁  2017年11月
学術論文(学術論文[単]) 織田作之助とフランス映画  大分県立芸術文化短期大学研究紀要54号    1-13頁  2017年03月
学術論文(学術論文[単]) もう一つの〈ヌーヴェル・ヴァーグ〉  大分県立芸術文化短期大学研究紀要53号    11-23頁  2016年03月
学術論文(学術論文[単]) Cornell et Roussel : collection, scientisme et magie  Roussel : hier, aujourd’hui, Actes du colloque de Cerisy 9-16 juin 2012, Presses Universitaires Rennes    359-369頁  2014年02月
学術論文(学術論文[単]) La lecture génétique est-elle susceptible de changerl’image foucaldienne de Roussel ?  HERSETEC Vol.1 No.1Graduate School of Letters Nagoya University (2007)    113-124頁 
学術論文(学術論文[単]) Raymond Roussel et le théâtre  名古屋短期大学紀要42号 (2004)    119-124頁 
学術論文(学術論文[単]) Etude préliminaire de l’adaptation d’Impressionsd’Afrique pour lethéâtre  名古屋短期大学紀要44号 (2006)    157-166頁 
学術論文(学術論文[単]) Genèse théâtrale sur l’adaptation théâtrale d’Impressions d’Afrique de Raymond Roussel  SITES Vol.4 No.1, Graduate School of Letters Nagoya University (2006)    63-77頁 
学術論文(学術論文[単]) 見失われた妖精劇-19世紀後半~ベル=エポック期におけるパリのスペクタクル  名古屋短期大学紀要45号 (2007)    201-211頁 
学術論文(学術論文[単]) 大衆小説の付置-レーモン・ルーセル『アフリカの印象』と同時代の植民地小説  HERSETEC Vol.2 No.2名古屋大学文学研究科 (2008)    39-52頁 
学術論文(学術論文[単]) L’improbable théâtre de Raymond Roussel  Histoires littéraires, no36, octobre-décembre (2008)    19-32頁 
学術論文(学術論文[単]) De l’avant-texte à l’oeuvre, la parodie du savoir colonial chez Raymond Roussel  La mise en texte des savoirs, Presses Universitaires de Strasbourg (2010)    71-82頁 
学術論文(学術論文[単]) 演劇テクスト研究における生成論の可能性とその予備考察  『統合テクスト科学研究』Vol.4 No.2名古屋大学文学研究科 (2006)    63-75頁 
その他(学会発表[単]) 『ベタニ 罪の天使』をめぐる一考察  九州フランス文学会第63回大会(日本フランス語フランス文学会九州支部大会、於・琉球大学)      2016年12月
その他(学会発表[単]) ルーセルとコーネルⅡ~映画の夢、夢の映画  九州フランス文学会第61回大会(日本フランス語フランス文学会九州支部大会、於・長崎外国語大学)      2014年12月
その他(翻訳[単]) アンヌ・エルシュベール=ピエロ「『ロラン・バルトによるロラン・バルト』の生成」(« Genèse de RolandBarthes par RolandBarthes »)  名古屋大学21世紀COE『統合テクスト科学の構築』第3回国際研究集会報告書 (2004)    183-191頁 
その他(翻訳[単]) ステファンヌ・ヴァッション「バルザック生成論の展望」(« Perspectives engénétique balzacienne »)  名古屋大学グローバルCOEプログラム『テクスト付置の解釈学的研究と教育』第2回国際研究集会報告書 (2008)    39-50頁 
その他(翻訳[単]) フランソワ・ラスティエ「ソシュールとテクスト科学」(« Saussure et lascience des textes »)  名古屋大学21世紀COE『統合テクスト科学の構築』第9回国際研究集会報告書 (2008)    147-165頁 
その他(翻訳[単]) エリック・ボルダス「生成論は解釈学か?」(« La génétique est-elle une herméneutique ? »)  名古屋大学グローバルCOEプログラム『テクスト付置の解釈学的研究と教育』第2回国際研究集会報告書(2008)    7-12頁 
その他(翻訳[単]) パトリック・ゴーチェィエ=ダルシェ「中世における地図表象」(« La représentation dela carte au moyen-âge »)  名古屋大学21世紀COE『統合テクスト科学の構築』第10回国際研究集会報告書 (2008)    79-85頁 
その他(翻訳[単]) ミシェル・ザンク「西洋における詩歌の一源泉」(« Une source de lapoésie occidentale :les chansons destroubadours et leurcommentaires »)  第2回高等研究院スーパーレクチャー報告書(名古屋大学高等研究院) (2008)    5-22頁 

教育活動

教育実践上の主な業績 年月(自) 年月(至) 概要
1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
語学の授業(フランス語)におけるグループワークの導入  2018/04  現在に至る  一方的な授業だけでなく、グループワークの導入により、共同で課題を解決するに能力の育成を図る。 
2 作成した教科書、教材、参考書
3 教育方法・教育実践に関する発表、講演等
4 その他教育活動上特記すべき事項

社会貢献等(社会における主な活動)

学外機関役職・
講演・その他の区分
活動の内容、役職名称 機関名称 年月(自) 年月(至)
講演 「メルヴィル、黒の美」 シネマ5 2018/04
講演 「ゾラとセザンヌの生きた時代」 シネマ5 2017/11
講演 「ブレッソンの映画術」 シネマ5 2015/06
講演 「愛という名の狂気」 シネマ5 2015/03
講演 「フランス映画小史:ポスト・ヌーヴェルヴァーグの地平」 シネマ5 2014/05
講演 「狂乱の20年代とシャガール」 大分市立美術館 2013/11
講演 「映画を楽しむには原作を読んでおく必要があるのか?」 シネマ5 2013/05
講演 「ロベール・ブレッソン入門講座」 シネマ5 2012/12
講演 「芸術家群像―ピカソ、ダリ、マン・レイ…様々な才能が競い合い開花した1920年代の美術シーン」 大分市シネマ5・大分県立芸術文化短期大学共催公開講座 2012/05
講演 「世紀末とファムファタール:19世紀フランス文学と美術」 大分市立美術館 2011/11
講演 「マラルメの翻訳」 大分日仏協会 2011/10
講演 「フランス語の世界」 大分地域大学等連携 2011/09
講演 「フランス文学にみられる愛の表現」 大分日仏協会 2010/09
講演 「フランス語と文化」 大分地域大学等連携 2010/08
その他 大分県民向けの公開講座 2009/07 2009/07