愛知大学研究者情報データベース

検索トップページ検索結果詳細情報

(2020年4月1日 現在)

ミズノ ユカ
水野 有香   准教授

(2020年4月1日就任)
経済学部   経済学科

専門分野/研究テーマとその内容

社会政策/社会的連帯経済、社会的企業

過去5年間に発表した著書・学術論文・学会報告

著書・論文・
その他の区分
著書・論文等の名称 発行所・発表雑誌・学会等の名称 著発行・発表年月 査読
著書(著書[共]) 東アジア都市の居住と生活:福祉実践の現場から  東信堂  全泓奎編  全296頁、pp.115-130  2019年06月
著書(著書[共]) 価値創発(EVP)時代の人的資源管理:Industry4.0の新しい働き方・働かせ方  ミネルヴァ書房  守屋貴司、中村艶子、橋場俊展編  全240頁、pp.175-187  2018年11月
著書(著書[共]) 地域で支える出所者の住まいと仕事:コミュニティに根づいた社会的企業の実践  法律文化社  水野有香編  全88頁、pp.ⅲ-ⅳ、pp.17-31  2016年03月
著書(著書[共]) 市大都市研究の最前線:公募型共同研究による連携講座2015  大阪市立大学 都市研究プラザ  大阪市立大学都市研究プラザ編  全99頁、pp.40-44  2016年03月
学術論文(学術論文[単]) 居住福祉問題に挑む社会的・連帯経済組織  『居住福祉研究』(日本居住福祉学会)第25号    pp.5-14  2018年05月
学術論文(学術論文[単]) 情報化社会における労働の変容:非正規雇用化と間接雇用化の視点から  『教育支援室報』(名古屋経済大学)第1号    pp.267-276  2018年01月
その他(書評[単]) 多様な働き方のなかで派遣労働をどう位置づけるか:労働者視点を大切にした分析から見えるもの(書評 島貫智行『派遣労働という働き方:市場と組織の間隙』)  『週刊読書人』2017年7月14日    4面  2017年07月
その他(一般雑誌[単]) 出所者支援の担い手としての社会的企業  『月刊福祉』第99巻第9号    pp.52-53  2016年08月
その他(一般雑誌[単]) 生活困窮者の自立支援に取り組む社会的企業  『共同研究会年報』2014年度 第2号    pp.54-58  2015年07月
学会等発表(学会発表[単]) 派遣労働と出産・育児  第138回社会政策学会高知県立大学      2019年05月
学会等発表(学会発表[単]) 社会的連帯経済における社会的企業の役割:韓国ソウル市の事例から  第42回日本消費経済学会大阪商業大学      2017年07月

教育活動

教育実践上の主な業績 年月(自) 年月(至) 概要
1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
(非公開)       
2 作成した教科書、教材、参考書
(非公開)       
3 教育方法・教育実践に関する発表、講演等
(非公開)       
4 その他教育活動上特記すべき事項
(非公開)       

社会貢献等(社会における主な活動)

学外機関役職・
講演・その他の区分
活動の内容、役職名称 機関名称 年月(自) 年月(至)
学外機関役職 愛知地方労働審議会公益委員・家内労働部会委員 愛知労働局 2019/11 現在に至る
学外機関役職 まち・ひと・しごと創生推進懇談会委員 小牧市 2017/01 現在に至る
学外機関役職 生活困窮者自立支援事業に係る事業者評価委員 名古屋市 2015/02 現在に至る