愛知大学研究者情報データベース

検索トップページ検索結果詳細情報

(2024年4月1日 現在)

ローレンランズベリー
ローレン ランズベリー   助教

(2024年4月1日就任)
経済学部   経済学科

専門分野/研究テーマとその内容

バイリンガリズム、第二言語習得研究、女性のワークライフバランス

過去5年間に発表した著書・学術論文・学会報告

著書・論文・
その他の区分
著書・論文等の名称 発行所・発表雑誌・学会等の名称 著発行・発表年月 査読
著書([単]) Spinning Plates – Foreign WorkingMothers in Japanese Academia  Cambridge Scholars Publishing    247-267頁  2023年05月
学術論文([単]) Japanese University Students’ Perspectives on the COVID-19 Driven Cancelation of Their Study-Abroad Program.  The Journal of Worldwide Education 16.    3-18頁  2024年02月
学術論文([共]) The Impact of COVID-19 on Student Emotions and Resilience.  Mind, BrainEd Journal (4).   Landsberry, L., Clark, G., & Kato, A.  37-74頁  2023年12月
学術論文([共]) Student and Teacher Reflections on Using English Central inthe Japanese University Classroom.   JACET Journal of Developmental Education 3.  Landsberry, L., & Kato, A.  19-36頁  2023年03月
学術論文([共]) Study Abroad Interrupted – A Japanese Student’s Perspective and Experience  Bulletin of Faculty of Early Childhood Care and Education, Ohkagakuen University 26,   Landsberry, L., & Kato, A.  127-132頁  2022年11月
学術論文([共]) Foreign Working Mothers and Support Received.  Journal and Proceedings of the Gender Awareness in Language Education 14.  Landsberry, L., & Kanai, T.  26-42頁  2022年01月
学術論文([共]) Students’ Linguistic, Cross-cultural and Lifestyle Concerns with Reference to Studying Abroad  JAAL (Japan Association of Applied Linguistics) in JACET  Kato, A., & Landsberry, L.  16-21頁  2021年12月
学術論文([共]) Bilingual Strategies and Activities Adopted by Non-Japanese Working Mothers in Japan.  Japan Journal of Multilingualism and Multiculturalism  Landsberry, L., & Kanai, T.  107-124頁  2020年11月
学術論文([共]) Foreign Working Women and Child-rearing (JALT selected paper)  In P. Clements, A. Krause, & P. Bennett (Eds.), Diversity and Inclusion.  Landsberry, L., & Kanai, T.  31-42頁  2019年08月
学術論文([共]) A Small-scale Investigation into the Efficacy of Pronunciation Instruction at a Japanese College  PanSIG Journal.  Clark, S., & Landsberry, L.  47-55頁  2019年05月
学会等発表([共]) 海外留学における期 待・不安要素につい て〜大学生に対する 事前事後の調査から 〜  JALT Study Abroad SIG Conference, 4 November, Tokyo, Japan.   Uchida, M., Kato, A., & Landsberry, L..    2023年11月
学会等発表([共]) Study Abroad and Students’ Expectations, Anxieties and Experiences.   PanSIG Conference, 13 & 14 May, Kyoto, Japan.   Landsberry, L., Kato, A., & Uchida, M.    2023年05月
学会等発表([単]) StudyAbroad Interrupted? Japanese University Students Perspectives, Losses and Opportunities   JAALConference,3 December. Osaka, Japan.       2022年12月
学会等発表([共]) Measuring the Effectiveness of a Video-based English Learning Program in the Japanese University Classroom   CamTESOL Conference, 5 February - 7 February. An online conference.   Landsberry, L., & Kato, A.    2022年02月
学会等発表([共]) The Impact of COVID-19 on Student Emotions and Resilience.   JACET 60th Commemorative International Convention. August 28. An online conference.  Landsberry, L., Clark, G., & Kato, A.    2021年08月
学会等発表([共]) Introducing a Video-based English Learning Program in the Japanese University Classroom   CamTESOL Conference, 5 February - 7 February. An online conference.   Landsberry, L., & Kato, A.    2021年02月
学会等発表([共]) Students’ linguistic, cross-cultural and lifestyle concerns in regard to studying abroad   JAALConference, 5 & 6 December. An online conference.   Kato, A., & Landsberry, L.    2020年12月
学会等発表([共]) Study Abroad Interrupted: What now?   Communities of Teachers and Learners. JALT International Conference, 16 November - 23 November. An online conference.   Landsberry, L., & Kato, A.    2020年11月
学会等発表([共]) Societal & Familial Support in the Lives of Foreign Working Women   The Third Annual Nanzan Language Education Seminar, 7 December, Nagoya, Japan.   Landsberry, L., & Kanai, T.    2019年12月
学会等発表([共]) Foreign Working Mothers and Support Received   Teacher Efficacy, Learner Agency. JALT International Conference, 1 November - 4 November, Nagoya.   Landsberry, L., & Kanai, T.    2019年11月
学会等発表([単]) An Older Sibling’s Influence   Teacher Efficacy, Learner Agency. JALT International Conference, 1 November - 4 November, Nagoya.       2019年11月
学会等発表([共]) Parent’s Bilingual Strategies and Activities  PanSIG Conference 18 & 19 May, Nishinomiya   Landsberry, L., & Kanai, T.    2019年05月
学会等発表([共]) The Speech of an Older Preschool Bilingual Sibling’s Influence and Impact on the Language Development of a Younger Potential Bilingual Infant Sibling  Linguistics Research Showcase. Macquarie University, Sydney. September 25. An online conference.       2019年05月
学会等発表([共]) The Effectiveness of Weekly Pronunciation Instruction in a College-level English Class.   PanSIG Conference 18 & 19 May, Nishinomiya   Clark, S., & Landsberry, L.    2019年05月

教育活動

教育実践上の主な業績 年月(自) 年月(至) 概要
1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
Zoomを用いたオンラインでの授業運営  2020/04  2021/03  星城大学全学部非常勤講師として担当の 「TOEIC Listening」(選択科目、2 年次配当、 前後期、各1単位)において、Zoomで授業を行い、オンラインで小テスト等を用いて授業運営を行った。 
アンケートフォームを利用したプレゼンテーション指導  2020/04  2023/03  名古屋工業大学のAcademic English I/IIでミニ研究プロジェクトを行った。学生にグーグル・フォームの使い方を教え、研究のために自らアンケートを作るように指導した。収集したデータを用い、学生はプレゼンテーションを行った。 
(成績評価での取組) 小テスト・LMS学習・プレゼンテーション発表の活用による 学習効果の向上  2017/04  2023/03  毎時限、小テストを実施し理解度の確認を行っ た。加えて、学期中に6回程度のレポート課題を課すことにより、学習内容をアウトプットさせる機会も設けた。さらにプレゼンテーションでは独自のルーブリックを作成し、講師のみな らず学生同士のピア評価を導入した。       
Emailを活用した授業サポート  2017/04  2023/03  非常勤先の全大学の学生に講師のEmailアドレスを提示し、いつでも授 業・課題等について質問や相談を気軽にやり取 り出来るようにサポートをした。それにより、受講生の疑問点やトラブルを解決することができた。また、受講者は情報社会におけるマナーやエチケットを身に付けることができた。 
教育目標の達成度の向上  2017/04  2023/03  名古屋工業大学教育センター非常勤講師として担当した「Academic English I/II」において実践した。小テストのスコアアップを目標とし、マルチメディアを利用してウエブ上の単語リストでクイズを行った。また、学期中に5回の工学に関するプレゼンテーションを行う機会を作り、それに対して講師や学生からのフィードバックを行った。受講生は、学期末にはクラスメイトの前で5分間のポスター発表ができるようになった。LMS(Moodle)を活用しテキストに沿う問題 やアクティビティを作成。教室外学習も促進し た。 
(学習に対する支援) オフィスアワーの活用による教育効果の向上  2017/04  2023/03  非常勤講師であったためオフィスアワーはなかったが、毎 時限終了後に学生の相談や質問を受けることに した。Emailでいつでも連絡を取り合える状態を作った。LMSを利用し学生とディスカッションボード なども作成した。その成果として、学生の授業に対する動機付けが明確になった。        
2 作成した教科書、教材、参考書
オリジナル教材(ハンドアウト)の作成  2020/04  2021/03  星城大学経営学部経営学科非常勤講師として 担当した「English Communication I」(必修科目、 1年次配当、前後期、必修1単位)において、シラバスに沿った教材を作成した。テキストは指定されていなかったため、 オリジナル教材を作成した。受講生が4 技能 を重視したアク ティビティ(情報交換、リスニング、ディスカ ッション質問、ライティング等)に取り組み、英語力アップを目指す教材を作成した。コロナ禍において行ったZoom を利用したオンライン授業実施時は、中間テストや 期末テストはグーグル・フォームを使って実施した。 
オリジナル教材(Google Forms を用いた小テスト、中間・期末テスト)の作成  2020/04  2021/03  テキストに沿ってグーグル・フォームでミニ・ クイズを作成。毎時限に実施した。コロナウイ ルスのため Zoom を利用してオンライン授業を 実施することになった。中間テストや期末テストはグーグル・フォームにリスニング 問題を埋め込んで作成した。 
3 教育方法・教育実践に関する発表、講演等
4 その他教育活動上特記すべき事項

社会貢献等(社会における主な活動)