愛知大学 三遠南信地域連携研究センター

愛知大学公式サイトへ

愛知大学三遠南信地域連携研究センター > 軽トラ市

2020年1月8日

<予約不要2/15(土)>文部科学省私立大学研究ブランディング事業「軽トラ市の未来を考える 公開シンポジウム」を開催します。 【終了しました】

  

  2005年に岩手県雫石で始まった「軽トラ市」は全国で100以上が開催され、地方創生の重要な戦略となっています。特に、2019年11月4日には、「東京モーターショー2019」においても開催され、自動車とまちの関係を示すモデルとなりました。また、2019年12月7・8日には掛川市で第6回となる「全国軽トラ市inかけがわ」が開催され、全国的な「軽トラ市」のネットワーク化も進んでいます。

 特に、三遠南信地域には、三大軽トラ市と言われる新城市「しんしろ軽トラ市のんほいルロット」や、磐田市「みんなで軽トラ市いわた☆駅前楽市」、掛川市「かけがわけっトラ市」などが開催されています。いずれもが全国軽トラ市の開催を経験した「軽トラ市」の拠点地域となっており、「第2次三遠南信地域連携ビジョン」においても「軽トラ市」が重点プロジェクトとなっています。

 一方、CASE(Connected、Autonomous、Shared&Service、Electric)と言われるように自動車の未来が大きく変化し始めており、東京モーターショーで「軽トラ市」が開催されたように、軽自動車の将来変化と軽トラ市とが連動することが、重要な要素となっています。

 愛知大学三遠南信地域連携研究センターは、これまでに「軽トラ市」に関する全国調査や個別「軽トラ市」に関する様々な実態調査を蓄積していますが、本シンポジウムでは、「軽トラ市」の実態を踏まえて、軽自動車の未来と地域連携の立場から、「軽トラ市」の将来を考えます。

 申し込みは不要です。たくさんの方のご来場をお待ちしております。

 

◆日時:2020年2月15日(土)13:30~17:00 (入場無料・入退場自由)

◆場所:愛知大学豊橋校舎本館5階第3・4会議室

    豊橋鉄道渥美線「愛知大学前」駅下車

 

基調講演:軽トラ市の特性と将来展開

 ⦿戸田敏行氏 愛知大学三遠南信地域連携研究センター長

 

シンポジウム:軽自動車の未来と地域連携からみた軽トラ市

 《パネリスト》   ⦿伊藤二三男氏 スズキ(株)四輪商品第三部チーフエンジニア課長

          ⦿原川知己氏  三遠南信地域連携ビジョン推進会議事務局長

           ⦿峯岸歓雄氏  一般社団法人全国軽自動車協会連合会管理部企画課長・広報課長

           ⦿森一洋氏   しんしろ軽トラ市のんほいルロット運営リーダー

 《コーディネイター》⦿戸田敏行氏  愛知大学三遠南信地域連携研究センター長

 

 軽トラ市シンポジウム チラシ

軽トラ市シンポジウムちらし

 

                                              【問い合わせ先】

愛知大学三遠南信地域連携研究センター

                                                                      TEL0532-47-4157


ページ上部へ

愛知大学 三遠南信地域連携研究センター
〒441-8522 愛知県豊橋市町畑町1-1 TEL 0532-47-4157 FAX 0532-47-4576

COPYRIGHT© Research Center for San-En-Nanshin Regional Collaboration, Aichi University,Japan. All Rights Reserved.