カテゴリー: 朗読スピーチサークル

2021/07/26

【江蘇杯】12月18日(土)中国語スピーチコンテスト(日本・中国オンライン接続・中部東海地区大会)を開催します!

1971年、愛知県名古屋市で行われたピンポン外交をご存じでしょうか。日本と中国の国交正常化(1972年)にもつながった歴史上の重要な一幕で、今年は50周年という記念の年です。

  江蘇杯は、今年で7年目を迎えました。東海・北陸地区を対象に高等学校の部を、中部東海地区の大学生等および南京大学の一部提携大学に在籍する大学生等を対象に初級部門、中上級部門(スピーチ)を、 江蘇国際文化交流センター、南京大学(いずれも中国・南京市)と愛知大学の協力のもと開催します。

★中国屈指の大学で学ぶ機会や、江蘇省への文化旅行等の機会もあります。
★江蘇杯は、コロナ禍にあっても学習意欲や目的を失うことなく、挑戦する皆さんを応援します!

2021江蘇杯中国語スピーチコンテスト

 2021年12月18日(土) 江蘇杯 中国語スピーチコンテスト

1.主催

江蘇国際文化交流センター、南京大学、愛知大学

 2.開催日時

高等学校の部  2021年12月18日(土)午前

大学の部(初級班、中上級班決勝)  2021年12月18日(土)午後

3.実施方法

 日本と中国をオンラインで接続(参加者は自宅から接続(参加)いただきます)

4.参加資格について

出場希望者は、以下の全ての条件に該当する必要があります。 虚偽の申請があった場合、本大会への参加、賞および入賞活動への参加権を無効とします。

高等学校の部
(1)日本国籍を有し、東海・北陸地区(愛知県、岐阜県、静岡県、三重県、富山県、石川県、福井県)の高等学校に在籍する高等学校生。
(2)両親のどちらも中国語を母語としない者で、参加者本人も中国語を母語としない者。
(3)中国語学習歴が1年未満で、中国語圏での学習歴および生活歴のない者。
(4) 以前の本大会に参加し、いずれの賞(努力賞を除く)も獲得していない者。
(5)所定の申請書類を期日までに提出し、本コンテスト実施委員会の審査を通過した者(詳細は8.を参照)。

大学の部

(1)中部東海地区(愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、新潟県、長野県、富山県、石川県、福井県)の大学に在籍する大学生または大学院生と、南京大学の一部提携大学(京都大学、奈良女子大学、津田塾大学、静岡大学、名古屋大学)に在籍する大学生または大学院生。
(2)両親のどちらも中国語を母語としない者で、参加者本人も中国語を母語としない者。
(3)【初級班】
・中国語学習歴が1年未満で、中国語圏での学習歴および生活歴のない者。
※以前の本大会で初級班に出場し、いずれかの賞(ただし努力賞を除く)を獲得した者は、中上級班へ出場してください。
        【中上級班】
・中国語学習歴が1年以上で、中国語圏での学習歴および生活歴がいずれも2年を超えないもの。  
以前の本大会で中上級班に出場した者は、いずれの賞(努力賞を除く)も獲得できなかった者に限る。
ただし、昨年度の本大会に出場し2等賞、努力賞を受賞したものは、例外として参加することができる。
・いずれの場合も、発表原稿は未発表原稿とする。
(4)所定の申請書類を期日までに提出し、本コンテスト委員会の審査を通過した者(詳細は8.を参照)。

5.実施内容について

高等学校の部
朗読(A、Bあわせて4分以内):
A.自己紹介(1分以内) 時間を超過した場合は減点対象となります。
B.朗読課題文2編のうち1編を選択(詳細は添付4を参照)。
 ※自己紹介の際、学校名は名乗らないでください。

大学の部
(1)初級班(A、Bあわせて5分以内):
A.自己紹介(1分以内)時間を超過した場合は減点対象となります。 
B.朗読課題文2編のうち1編を選択(詳細は添付5を参照)。
 ※自己紹介の際、学校名は名乗らないでください。
(事前審査については、8.[初級班](3)をご覧ください)

(2)中上級班(A、Bあわせて7分以内):
A.スピーチ4分以内:内容は中国に関するもので、自身で準備した未発表作品に限る。  
※冒頭、学校名は名乗らないでください。  
※応募時の提出原稿と当日の発表内容に、大幅な変更があった場合は減点となる可能性があります。  
B.回答:スピーチ終了後、審査員による口頭での質問と、PPT等の表示形式等による2つの質問が中国語でなされます。 質問は、スピーチに関する内容と、江蘇省に関する内容の各1問 で、中国語で回答いただきます。
江蘇省に関する資料は、事前審査通過者にのみメールでご連絡します。

(事前審査については、8.【中上級班】(3)をご覧下さい)

6.審査基準について

当日、日本側と中国側で構成される審査員により審査し、10点満点で、0.1点単位で点数化します。

高等学校の部

A.自己紹介(4点):内容、発音、単語や抑揚等
B.朗読  (6点):熟練、発音、技巧等
※指定された制限時間を超えた場合は減点となります。

大学の部

(1)初級班:
A.自己紹介(4点):内容、発音、単語や抑揚等
B.朗読  (6点):熟練、発音、技巧等
(2)中上級班:
A.スピーチ(7点):内容、発音、技巧や効果等
B.回答(3点):正確さ、完成度、流暢さ等
※各部門とも、指定された制限時間を超えた場合は減点となります。

7.賞について

高等学校の部
(1)一等賞 愛知大学賞(5名):賞状の授与および図書カード1万円分
(2)二等賞(7名):賞状の授与および図書カード5千円分
(3)中華人民共和国駐名古屋総領事賞(1名):賞状の授与および図書カード1万円分
  (4) 記念賞(参加者全員):江蘇省記念品贈呈

大学の部
(1)特等賞(中上級班から1名):賞状の授与および以下よりいずれかを選択可
①南京大学(修士課程)への留学(2-3年)

(中国政府奨学金への推薦資格を授与、中国政府奨学金への審査を通過した場合に以下を適用。学費・宿舎費・医療保険および毎月の生活費を含む奨学金を支給。航空券等は自費とする。賞獲得者は2022年1月以降、南京大学のいずれかの研究科へ申請書を提出のこと)

研究科等情報は以下のURLを参照。
 http://grawww.nju.edu.cn/main.htm

※ただし、新型コロナウィルスの影響により、2022年3月に南京大学に留学できない可能もあります。その場合、留学開始時期は2022年9月または2023年3月となる可能性があります(南京大学のスケジュールに従っていただきます)。ご了承ください。

②南京大学での中国語学留学(1セメスター)の奨学金(学費)。他は自費とする。
(2022年9月から留学を希望する場合は、所属大学の手続きに基づいた上で2022年5月末までに、南京大学ホームページ上での所定の入力手続きを完了してください(その後、関係書類を受領の際には400元が必要です))
※ただし、新型コロナウィルスの影響により、2022年9月に南京大学に留学できない可能もあります。その場合、留学開始時期は2023年3月または2023年9月になる可能性があります(南京大学のスケジュールに従っていただきます)。ご了承ください。

③8日間の江蘇省文化旅行の参加(2022年8月予定)
往復国際航空券および中国到着後の旅行費用。
※ただし、新型コロナウィルスの影響により、次年度以降に延期となる可能性もあります。ご了承ください。
※③は、以前に本大会に出場し8日間の江蘇省文化旅行に参加した方や、新型コロナウィルスの影響で③の実施が延期中の方、辞退した方も、選択することはできません。

(2)一等賞(11名): 賞状の授与および以下よりいずれかを選択可。
①南京大学での1セメスター中国語学留学の奨学金(学費)。他は自費とする。
②8日間の江蘇省文化旅行の参加(2022年8月予定)

往復国際航空券および中国到着後の旅行費用。
※ただし、いずれの活動も新型コロナウィルスの影響により、次年度以降に延期となる可能性もあります。ご了承ください。
※②は、以前に本大会に出場し8日間の江蘇省文化旅行に参加した方や、新型コロナウィルスの影響で②の実施が延期中の方、辞退した方も、選択することはできません。

 (3) 二等賞(7名)
賞状の授与および南京大学4週間の短期中国語留学(2022年8月予定)の奨学金(学費)。
※ただし、新型コロナウィルスの影響により、次年度の夏に延期となる可能性もあります。ご了承ください。

(4) 中華人民共和国駐名古屋総領事賞(初級班から1名):賞状の授与および図書カード1万円分
(5) 中華人民共和国駐名古屋総領事賞(中上級班から1名):賞状の授与および図書カード1万円分
(6) ピンポン外交50周年記念賞(中上級班から1名):賞状の授与および商品券3万円分
(7) 記念賞(参加者全員):江蘇省記念品贈呈

●特等入賞者および一等入賞者が8日間の文化旅行参加権を放棄した場合、主催者は2等入賞者に8日間の文化旅行を選択できる旨の通知を行います。その通知は、大会時の成績上位者から順に通知し選択いただきますが、8日間の文化旅行の人数枠11名を超えた場合は、2等入賞者に8日間の文化旅行の選択権利はありません。
★(参考)ビザおよび航空券等は各自で手配いただきますが新型コロナウィルスの影響で受付業務が停止されています(2021年7月時点)。
▲ 航空券は江蘇国際文化交流センターが一括手配します。
■(参考)ビザおよび航空券等は各自で手配いただきますが新型コロナウィルスの影響で受付業務が停止されています(2021年7月時点)。

8.申込方法等

高等学校の部
(1)必要書類:①参加申込書1通(添付1参照)②所属高等学校の生徒手帳等、顔写真頁(写)1通(モノクロ・A4)
(2)申込方法:必要書類を、以下【提出先・問合せ先】まで郵送のほか、①のデータを同連絡先に記載のメールアドレスまで、メール本文に氏名を記載の上、送信提出のこと(①を送信の際は自署サイン箇所は入力してださい)。
(3)申込締切:  2021年11月10日(水)当日消印有効(メール送信提出期限は、同日17時まで)

大学の部
【初級班】
(1)必要書類:①参加申込書1通(添付2参照)②所属大学の学生証(写)1通(モノクロ・A4)③音声ファイルデータ

1.音声データファイルは、自己紹介および大学名は不要です。氏名のみを名乗り、続いて課題文を録音してください(タイトル不要)。
2.音声ファイルはMP4、MP3、WMA等のデータ形式で保存してください。
3.ファイル名は「氏名」としてください。
4.音声は鮮明に聞こえるように録音してください。
5.容量等の都合で送信が困難な場合は、以下のURLも参考にしてください。

http://firestorage.jp/(アップロード式(無料))
ただし、この方法で提出した場合は、提出した先のURLを【提出先・問合せ先】の指定のメールアドレスまで、必ず連絡してください。連絡がない場合は、受取ができません。

(2)申込方法:必要書類①②を、以下【提出先・問合せ先】に郵送の上、①③のデータを同連絡先に記載のメールアドレスまで送信提出のこと(①を送信の際は自署サイン箇所は入力してください)。

(3)応募期限: 2021年11月10日(水)当日消印有効(メール送信提出期限は、同日17時まで)
※応募者が6名を超えた場合、南京大学関係者による事前審査を行います。

【中上級班】
(1)必要書類:①申込書1通(添付2参照) ②所属大学等の学生証(写)1通(モノクロ・A4)③スピーチ原稿(添付3参照。中文・日文の各1通を所定の様式により提出)④音声ファイルデータ

1.音声ファイルは、中国語による「氏名」「スピーチタイトル」の後、スピーチを録音してください(大学名は不要)。

2.音声ファイルはMP4、MP3、WMA等のデータ形式で保存してください。

3.ファイル名は「氏名」としてください。

4.音声は鮮明に聞こえるように録音してください。

5.容量等の都合で送信が困難な場合は、以下のURLも参考にしてください。

http://firestorage.jp/(アップロード式(無料))
ただし、この方法で提出した場合は、提出した先のURLを【提出先・問合せ先】の指定のメールアドレスまで、必ず連絡してください。連絡がない場合は、受取ができません。

(2)申込方法:

必要書類①~③を、以下【提出先・問合せ先】に郵送の上、①③④のデータを同連絡先に記載のメールアドレスまで送信提出のこと(①を送信の際は自署サイン箇所は入力してください)。*③スピーチ原稿は、所定の書式を利用のこと。

(3)応募期限:  2021年11月10日(水)当日消印有効(メール送信提出期限は、同日17時まで)

※応募者が13名を超えた場合、南京大学関係者による事前審査を行います。

※いずれの部門も、応募書類は返却しません。
※応募書類に不備や虚偽の申請があった場合は失格となります。ご注意ください。

9.大会参加通知について(高等学校の部、大学の部)

2021年11月16日(火)までに、高等学校の部は郵送にて、大学の部はメールでご本人宛にて連絡します。
なお、事前審査および大会当日審査結果に関する問い合わせは一切受け付けません。ご了承ください。

10.その他

・大会当日は、自宅からご自身のパソコンのカメラなどを利用して、オンライン接続で参加いただきます。
・発表者は、パソコンのカメラと、スマートフォンのカメラの両方を利用いただきます。
・大会開催前には、接続テストやカメラの設定一を、日本と中国の双方で確認させていただきます。  
 詳細は発表者にメールでご連絡します。
・高校の部の入賞結果発表は、午後から開始する大学の部の開始前を予定しています。

11.【提出先・問合せ先】

※問合せはメールにてお願いします
453-8777 愛知県名古屋市中村区平池町四丁目60番6
愛知大学 国際交流課 国際教育推進係  “江蘇杯”中国語スピーチコンテスト実施委員会
E-mail:stglobal@ml.aichi-u.ac.jp

12.コンテスト概要・申込書・朗読課題文・スピーチ原稿

■2021年江蘇杯中国語スピーチコンテスト実施概要

添付1  高等学校の部 参加申込書

添付2  大学の部(初級・中上級班共通)参加申込書

 添付3  大学の部(中上級班) 2021年“江蘇杯”中国語スピーチコンテスト原稿(中国語版、日本語版)

添付4 高等学校の部 朗読課題文

添付5  大学の部(初級班)朗読課題文

カテゴリー:中国, 中国語, 朗読スピーチサークル, 江蘇杯, 留学

2018/06/08

今年も、中国語スピーチサークルが始まりました!

6月7日(木)、「第1回中国語スピーチサークル」を実施しました。
初回は、31名が参加しました。

9月以降に開催される学内外の各種コンテストや、その先にある留学など、それぞれの目標にむかって練習を重ね、挑戦していきます!

みなさんも、実力を試してみませんか?
次回の募集は、9月を予定しています。

155-1

カテゴリー:スピーチコンテスト, 中国語, 朗読スピーチサークル

2017/12/08

「江蘇杯中国語スピーチコンテスト」を開催しました

12月2日(土)、名古屋キャンパスで「江蘇杯中国語スピーチコンテスト」を開催しました。
本コンテストは、今年で3回目を迎え、東海4県の高等学校、中部9県の大学と、南京大学の友好大学を対象に、愛知大学、南京大学(本学協定校)、江蘇国際文化交流センターの主催のもと、盛大に開催されました。

日中国交正常化45周年記念の年でもある今年は、中華人民共和国駐名古屋総領事館鄧偉総領事から「中国の現状と中日国交正常化45周年」をテーマに講演をいただきました。
また、中日国交正常化45周年記念特別賞を設け、本学の渡邉有香さん(現代中国学部2年)が受賞しました。

応募者は、高等学校6校15名、大学(初級班)に4校25名、大学(中上級班)3校9名と、南京大学の友好提携大学4校から各部門に4名ずつ加わり、大学の部は総勢42名にものぼりました。厳正なる審査の結果、以下の皆さんが受賞されました。

■大学の部
【特等賞】手代木さづきさん(京都大学)
【1等賞】11名(代表:山田愛玲さん(愛知県立大学)
       うち本学学生は浅井皐さん(愛知大学・現代中国学部1年))
【2等賞】16名(代表:TAI TIEN HAOさん(静岡大学)うち本学学生6名)
【努力賞】2名(うち本学学生1名)

■高等学校の部
【1等賞】3名(代表:判家莉々香さん(豊橋商業高等学校))
【2等賞】7名(代表:小川貴士さん(名古屋大学教育学部附属高等学校))
【努力賞】2名

■中華人民共和国駐名古屋総領賞
 外山莉乃さん(豊橋商業高等学校)
 山田愛玲さん(愛知県立大学・初級班の部)
 手代木さづきさん(京都大学・中上級班の部)

■中日国交正常化45周年記念特別賞
 渡辺有香さん(愛知大学・現代中国学部2年)

南京大学学長補佐・范従来教授からは、「本コンテストを通じて、両国民の相互理解と協力、交流を促進することで貢献し、友情が育まれていくことを願っています」と祝辞をいただきました。

本学の田本副学長からは「言葉は文化・社会を反映しているもの、言葉に反映された文化や社会も学ぶことが大切」という祝辞が述べられました。

大学の部の全ての受賞者には、2018年夏、南京大学1か月留学や江蘇省8日遊ツアーに参加する機会等が待っています。

以下、当日の様子を合わせてご覧ください。

collage

カテゴリー:スピーチコンテスト, 中国語, 朗読スピーチサークル, 江蘇杯, 留学

2017/06/09

グローバルラウンジで、中国語スピーチサークルが始まりました

6月8日(木)、グローバルラウンジで中国語スピーチサークルが始まりました。

春学期は、昨年度の2倍以上となる55名もの応募があり、様々な学部から参加がありました。
開始時には、協定留学生等のサポーターの紹介や本サークルの活動を経て、学内外の各種語学コンテストに入賞後、留学した経験をもつ学生に体験談を語っていただきました。

今後、サポーターとネイティブの先生方の協力のもと、中国語力の向上やスピーチコンテストの参加等、 それぞれの目標に向かって取り組みます!

collage

カテゴリー:スピーチコンテスト, 中国語, 朗読スピーチサークル

2017/01/12

本学学生が第34回全日本中国語スピーチコンテストで第2位に入賞しました!

2017年1月8日(日)、日中友好会館(東京)で開催された「第34回 全日本中国語スピーチコンテスト」の全国大会において、現代中国学部2年生 石川静華さんが、大学生の部(スピーチ部門部門)第2位・日本放送協会会長賞を受賞されました。

本学は、文部科学省のグローバル事業に採択後、2013年度より、学内外の外国語コンテストに出場することを主な目的とした「中国語朗読スピーチサークル」の活動に取り組んできました。

今回受賞された石川さんは、2015年度からこのスピーチサークルに毎回熱心に参加され、このたび見事、素晴らしい成績を修められました。

石川さんの頑張りと、グローバル事業で取り組んできた本活動の成果です!

石川さん、おめでとうございます!

カテゴリー:中国語, 朗読スピーチサークル

2016/10/24

第34回全日本中国語スピーチコンテスト愛知県大会にて入賞しました!

10月22日(土)に開催された「第34回全日本中国語スピーチコンテスト愛知県大会(主催:特定非営利活動法人 愛知県日本中国友好協会/江蘇省人民対外友好協会)」に現代中国学部生と国際コミュニケーション学部生が参加しました。朗読部門、スピーチ部門の両部門において見事入賞を果たしました!

【スピーチ部門 大学生の部】
第1位 石川 静華さん    (現代中国学部2年生)
第2位 青島 健悟さん    (現代中国学部2年生)

【朗読部門 大学生の部】
奨励賞 石川 春花さん   (国際コミュニケーション学部2年生)
奨励賞 坂野 果穂さん   (国際コミュニケーション学部2年生)

どの学生も大会当日に向けて必死に練習を重ねてきました。大会では日頃の成果を出し切り、素晴らしい発表を披露してくれました。
おめでとうございます!

カテゴリー:スピーチコンテスト, 中国語, 朗読スピーチサークル

2016/01/18

本学学生が第33回全日本中国語スピーチコンテスト全国大会で入賞しました!

2016年1月10日(日)、東京で開催された「第33回全日本中国語スピーチコンテスト全国大会」に、「第33回全日本中国語スピーチコンテスト愛知県大会(スピーチ部門)」で1位に入賞した大竹真璃奈さんが出場し、見事入賞しました!

成人式参加後の出場だったため、振袖姿だった大竹さん。会場の雰囲気を華やかに彩ったことでしょう。出場者の発表を見て、大きな刺激を受けたようです。

大竹さん、おめでとうございます!


カテゴリー:スピーチコンテスト, 中国語, 朗読スピーチサークル

2015/10/19

第33回全日本中国語スピーチコンテスト愛知県大会にて入賞しました!

10月17日(土)に開催された「第33回全日本中国語スピーチコンテスト愛知県大会(主催:特定非営利活動法人 愛知県日本中国友好協会/江蘇省人民対外友好協会)」に現代中国学部の学生5名が参加しました。朗読部門に1年生2名、スピーチ部門に2年生2名、4年生1名が出場し、見事入賞を果たしました!

【朗読部門 大学生の部】
第1位 波田愛莉さん   (現代中国学部1年生)

【スピーチ部門 大学生の部】
第1位 大竹真璃奈さん  (現代中国学部2年生)
第2位 金沢亮さん    (現代中国学部4年生)

どの学生も朗読スピーチサークルの活動を利用し、大会に向けて必死に練習を重ねてきました。大会では日頃の成果を出し切り、素晴らしい発表を披露してくれました。
おめでとうございました!



昨年度の様子はこちらから

カテゴリー:スピーチコンテスト, 朗読スピーチサークル

2015/05/25

「朗読スピーチサークル」が今年も始まりました!

中国語の発音・会話能力向上を目的とした「朗読スピーチサークル」が今年も始まりました。
今年も劉乃華先生のご指導の下、秋に開催される各種スピーチコンテストへの参加を目標に、発音・会話練習を行います。

劉先生からは「外国語を学ぶということは、言葉を学ぶだけではなく、その国の文化や習慣を知ることでもあります。中国人留学生との練習を通じて、言葉だけでなく、中国の文化も学んでください。また、日本人は読むことや書くことは問題ない場合が多いですが、“話す”ことは苦手としています。だからたくさん練習をして、上手に話せるようになりましょう。」と学生にメッセージを送りました。

初回は約20名の学生が参加し、講義形式の解説を受けた後、中国人留学生と共に会話練習・発音練習を行いました。既に習った単語も繰り返し発音練習をしました。

発音練習を約1時間した学生は自信がついた様子でした。
今後の学生たちの活躍にご期待ください!

カテゴリー:中国語, 朗読スピーチサークル

2014/11/21

第20回現代中国学部外国語コンテスト(中国語部門)が開催されました!

11/20(木)、名古屋校舎にて第20回現代中国学部外国語コンテストが開催されました。朗読部門に1年生6名、自由部門に2年生3名、3年生1名、4年生1名の参加がありました。朗読スピーチサークルで練習してきた学生も多数参加しており、どの学生も日頃の練習の成果を出し切っていました。

朗読部門
1位:森山 麗海さん(1年生)
2位:大竹 真璃奈さん(1年生)
3位:塩井 晴貴さん(1年生)

自由部門
1位:古橋 里紗さん(4年生) “永远不会忘记”(永遠に忘れられない)
2位:本竹 紗和子さん(2年生) “梦的起点”(夢の出発点)
3位:前田 春香さん(3年生) “骏马”(駿馬)

コンテスト終了後、審査員はすべての学生の発表を称賛し、惜しくも入賞を逃した学生に対しては「入賞しなかったことは失敗ではなく、このコンテストに参加する勇気を持ったことが成功である」と言葉をかけ、学生たちを激励していました。

参加学生の皆さん、素晴らしい発表をありがとうございました!

カテゴリー:スピーチコンテスト, 中国語, 事務局, 朗読スピーチサークル

1 / 212
2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索