2013/07/30

西安の大学生からビデオレターが届きました / Video Letter Arrives From Xian University Students

先日当ブログでも紹介した中国西安の大学で日本語を勉強している学生との交流が始まりました。まず、西安交通大学城市学院の学生から日本に関するさまざまな疑問がビデオレターの形で送られてきました。さくら21プロジェクトでは、これに対して答えていくことを通じて、交流及び日本発信を進めていきたいと思っています。

 7月23日(火)に、さくら21リソースルームにて説明会と第1回活動を行いました。この活動に興味を持って集まったのは、現地プログラムから帰国してきたばかりの現代中国学部の二年生十数名でした。活動に先立ち、まず、西安交通大学城市学院の写真を見ながら、この活動の目的や意義、活動方針、今後の具体的な活動の展開について先生方の話を聞きました。

12 11

 その後、西安の学生からのビデオレターを皆で見ました。ビデオの中で話している学生たちは、皆いきいきと日本語で話していました。彼らからの質問は、簡単に答えられるものから、なかなか答えに困るような奥の深いものまでさまざまです。例を挙げると…

 ・桜は日本の国花ですか。

・ドラマ「ハケンの品格」の主人公は、同じ茶葉でも人よりおいしくお茶を入れることができますが、本当に入れ方によっておいしくなりますか。おいしいお茶の入れ方を教えてください。

・日本の製品やアニメの中によく猫が登場しますが、猫は日本人にとってどんな存在ですか。

みなさんなら、どの質問にどう答えますか。

ビデオを見た学生は、さっそくグループになって、たくさんの質問の中からどの質問に答えるかを決めました。また、各グループで、質問の答えを調べ、どう答えるか(答え方)について準備してくることになりました。夏休みの楽しい課題になりそうです。

後日、返信のビデオレターを撮って西安の学生さんたちに見ていただく予定です。どんな反応が聞けるでしょうか。そして、どのように交流が進んでいくでしょうか。今後が楽しみです。

カテゴリー:さくら21, 中国, 西安交流

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索