2019/08/07

「留学生と行く!名古屋能楽堂で能と狂言の公演を鑑賞」について

7月6日に名古屋能楽堂で行われた七月定例公演(能:二人静、狂言:蝸牛)に、本学OBの方が愛大生15名をご招待くださいました。今回は、留学生と行く!企画として募集し、日本人学生10名、留学生5名が参加しました。

参加した留学生のコメントをご紹介します!
また、今回はOBの方からもコメントをいただきました!

■留学生のコメント

2019年7月6日(土)、愛知大学卒業生のおかげで、友達と一緒に名古屋能楽堂で七月定例公演の能『二人静』を見ました(能を見る前に、事前講座を受けました)。「能面をつけてみて、大変だよ」と先生がおっしゃったので、試してみたら、「ほんとだ、歩くことさえ難しい」と思いました。そういう気持ちで能を見ると、能の難しさがよくわかります。なぜなら、演者たちは、分厚い服を着て、面もつけて踊っていたのですから。
事前講座では、この能『二人静』の背景を勉強し、台詞ももらいました。それで、実際に見ている時、一文字一文字歌を対照することができたので、最後まで退屈することなく鑑賞できました。
今回のご招待は、本当に楽しくて、よい勉強になりました。
もし今後、またこのような日本の伝統文化を勉強するチャンスがあれば、ぜひ参加したいと思います。(趙昕昱・協定留学生)

2019年7月6日(周六),托爱知大学毕业生的福,我和朋友在名古屋能乐堂观看了七月定例公演的能剧《二人静》。(在观看能之前参加了事前讲座。)由于老师说去戴戴能的面具,那个会让人觉得很不舒服,我试戴了一下,真的,觉得连走路都很困难。带着这样的心情,在看能剧的时候充分理解了能的困难之处。因为,演员们都是穿着臃肿的衣服,戴着面具跳舞的。
在事前讲座的时候学习了这个能剧的背景,也拿到了台词。然后,在观看能剧的时候,由于可以对照着唱段一个字一个字地看,到表演结束都不觉得困。这次的观赏真的让我觉得非常开心,也学到了很多。
如果以后还能像这次一样有机会学习日本的传统文化的话,我还想再参加一次。


■OBの方からのコメント
世界へ羽ばたく愛大生には、日本伝統文化の素晴らしさを外国人に伝えて欲しい。愛知大学で学ぶ留学生には、日本の伝統文化に触れ母国でその体験を話して欲しい。そんな思いで伝統芸能(能・狂言、人形浄瑠璃)鑑賞会を開催しております。
さくら21のご協力により、いつも予定人数を超える勢いに嬉しい悲鳴を上げております。
昨年、参加学生からのアンケート(興味のある伝統芸能)では、歌舞伎、落語への回答が多かったので、来年行事の中で順次取り組みたいと考えています。
それでは次回鑑賞会(10月4日)人形浄瑠璃「文楽」で、皆様とお会いできるのを楽しみにしています。(愛知大学交流ひろば 代表 岩田 喜久 昭和47年経済卒)

カテゴリー:さくら21

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索