2013/11/25

グローバル人材西日本第1ブロック共同ワークショップ(@同志社大学)に本学学生が参加 / Faculty of Modern Chinese Studies Student Participates in Collaborative Workshop at Doshisha University

本学は、グローバル人材育成推進事業採択大学(全国42大学)の中の8大学(同志社大学、関西学院大学、神戸大学、福井大学、鳥取大学、愛知県立大学、京都産業大学、立命館大学)とともに、「西日本第1ブロック」を結成しています。

 2013年11月23日(土・祝)に、9大学共催による「西日本第1ブロック共同ワークショップ」が、同ブロック幹事校である同志社大学において開催されました。テーマを「グローバルの普遍性について」とし、200名程度の観客が集まりました。9大学それぞれから派遣された教員や学生、企業関係者がそれぞれの立場で「グローバル人材」の持つ意味について発表を行いました。

「グローバル人材」について語る岸田さん

パネルディスカッションの部(90分間)では、本学派遣学生(現代中国学部4年生 岸田祐未子さん)が登壇し、中国留学実体験に基づいた「グローバル人材」のあり方や「グローバル人材」育成に関して日本の大学に求めたい取組について発表を行いました。岸田さんの発表の中には、コーディネーターや他の参加者からその後の議論のキーワードとして取り上げられるような発言がいくつかあり、活発な意見交換に貢献しました。同ワークショップは、「グローバル人材」について今一度考えるよい契機となりました。

パネルディスカッションの様子
 《向かって中央が神余隆博コーディネーター(関西学院大学副学長)、右4名が学生(右端が岸田さん)、左4名が企業関係者および教員》

 

神余コーディネーターから質問をされ答える岸田さん

 

 

カテゴリー:西日本第1ブロック共同ワークショップ

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索