2014/01/07

2014年4月から「南開大学ダブルディグリー・プログラム」がスタートします!

「南開大学ダブルディグリー・プログラム」とは、現代中国学部生が4年間の在学のうち、中国天津の南開大学漢語言文化学院に2年間留学し、さらに、愛知大学と南開大学それぞれにおいて必要な単位を修得し、それぞれの大学に卒業研究(いわゆる卒業論文)を提出して合格した場合、双方の大学の卒業が認定され、双方の大学の学位を得ることのできるプログラムです。2014年4月から、現代中国学部2年生を対象に始まります。

昨年12月18日、現在の現代中国学部1年生を対象に、安部学部長による説明会が行われました。当日は16名の学生が集まり、皆「2つの学位」に大いに関心をもつとともに、参加のための中国語や英語の語学要件について質問が飛び交いました。南開大学は、現代中国学部の「現地プログラム」実施大学であるとともに、周恩来元総理も学んだ中国国内で最も名高い大学の一つです。特に語学面でのハードルは高くはありますが、中国に強い興味を持ち中国語を真摯に学びたい学生の要望に応える、挑戦する意義の非常に大きいプログラムです。自分の可能性を広げてみませんか?

詳細については、名古屋教務課にある「南開大学ダブルディグリー・プログラム 履修要項/出願要項」を必ず読んでください。

nankai1 nankai2

(いずれも南開大学)

カテゴリー:ダブルディグリー・プログラム

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索