2023/01/27

済州漢拏大学とのオンライン交流

済州漢拏大学とのオンライン交流についてお伝えします!

済州漢拏大学とのオンライン交流は、お互いに春学期から交流しているメンバーが参加していたので、初回からとてもフレンドリーな雰囲気で、テーマの話だけでは収まらない、とても楽しいオンライン交流でした。
文化や食べ物についてなどの定番のオンライン交流の話題も良いですが、お互いの国の行きたいところを紹介して、教えてもらうというテーマでは、やはり興味がある場所ということで、お互いに話が盛り上がりました。
クリスマスやお正月のテーマの際は、韓国ではクリスマスケーキは食べないという話を聞き、済州漢拏大学の皆さんはクリスマスケーキの画像を見て、きれい、かわいいと驚いていました。
オンライン交流に参加していた4年生2名が、2月に済州島に済州漢拏大学の皆さんに会いに行くことになり、日本からのお土産は何がいい?という話ではコンビニのカップ麺という答えが…今から楽しみですね。

また、お土産話をブログでご紹介できたらと、思っています。

漢拏大学

<参加学生の感想>
1年間漢拏大学と交流できたことで、日本とは違う文化などを知ることができました。
漢拏大学の学生さんの新しいことを学ぶことに対する熱量や姿勢は、自分も真似しなければならないと感じました。
またオンライン交流がきっかけで実際に会って交流ができる機会ができたこともとても嬉しく感じています。
自分の行動範囲が広がるきっかけとなったオンライン交流の活動にはとても感謝しています。1年間ありがとうございました。 (経済学部4年 松本)

カテゴリー:さくら21, オンライン交流

2023/01/26

2022年度日本発信応用成果物

日本発信応用では、5つのチームにわかれ、愛知大学の留学生を対象とした名古屋での生活に役立つ情報発信を目指し、パンフレットと動画を制作しました。 以下、各チームが制作したパンフレットと動画です。ぜひ、ご覧ください。

また、学期中の活動の様子や成果物を愛大日本発信基礎・応用クラスのInstagramでも発信しています。 こちらも併せてご覧ください。

愛大日本発信基礎・応用Instagram

1. 食事・温泉・公共交通機関・神社のマナー(フルメンチーム)

2. ダイソーさんの商品紹介(ゆっくりチーム)

3. 学生割引(39チーム)

4.愛知大学生の生活 (アイリスチーム)

 平日編

 休日編

5.名古屋のおみやげ(よろしくチーム)

 世界の山ちゃん

 名鉄商店

 ぴよりん

※YouTubeがInternet Explorerのサポートを終了したため、Internet Explorerでは動画を再生できない場合があります。その場合は、違うブラウザでご覧ください。

アンケートにご回答くださった留学生のみなさま、お力添えをいただいた教職員のみなさま、そして、取材にご協力いただいた関係各所の方々に2022日本発信応用クラス一同、心より感謝申し上げます。

カテゴリー:さくら21科目

2023/01/26

JVRC日本語センター(ベトナム)とのオンライン交流

JVRC日本語センターとのオンライン交流についてお伝えします!

JVRC日本語センターとのオンライン交流は、JVRC日本語センターの皆さんが、ベトナムの料理や文化、名所などベトナムの魅力をとても丁寧に紹介してくださいました。
韓国や中国、台湾に比べ、同じアジア圏でも日本からは少し距離もあり、普段の私たちの生活ではなかなかベトナムの情報は入ってこないと思いますが、オンライン交流で楽しくベトナムについて知ることができたのではないでしょうか。
また、JVRC日本語センターの皆さんは日本についても詳しく、日本の伝統芸能の「能」について知りたい!など、愛大生もあまり詳しくない日本文化に興味があり驚きました。
愛大生はJVRC日本語センターの皆さんに「能」についてご紹介するために、頑張って「能」について調べてたり、愛大生それぞれの出身地について紹介したり、日本の魅力をたくさん伝えることができたと思います。
お互いの国の料理、名所、文化などを多く知ることができ、ベトナムを少し身近に感じることのできたオンライン交流でした。


スクリーンショット (40)

<参加学生の感想>
海外の方は日本のことをよく知っているが、私たち日本人は海外の文化や慣習、あるいは日本のこともまだまだ知らないことに気づかされたので、もっといろんなことに自分の興味や視野を広げていきたいと思いました。
(国際コミュニケーション学部1年 鈴木)

カテゴリー:さくら21, オンライン交流

2023/01/24

ナレースワン大学とのオンライン交流

 
ナレースワン大学とのオンライン交流についてお伝えします!

ナレースワン大学とのオンライン交流は木曜日に実施ということで、愛大生が全員それぞれの場所から参加しました。 
ナレースワン大学の皆さんは、コロナでほとんど自分の先生以外の日本人と交流する機会はなく、愛大生同士も初めて会うメンバーがほとんどだったため、初回のオンライン交流は皆さんとても緊張されていた様子でしたが、回数を重ねるたびにどんどん会話も広がり、 オンライン交流を楽しんでいる様子が伝わってきました。 
皆さんパワーポイントを作成したり、お互いに話が伝わりやすくなるように工夫して、お互いの国の文化や魅力を伝えることができたと思います。 
サブカルチャーがテーマの際には、タイでは日本のアニメやマンガが良く知られていることを実感し(ナレースワン大学生の好きなマンガやアニメの紹介ではタイのものではなく、すべて日本の作品でした)、クリスマスやお正月がテーマの際は、タイの子ども達はサンタクロースを信じていない(仏教が中心の国なので、そもそもクリスマスはお店で飾りつけするところもあるけれどあまり盛り上がらない)という話を聞くことができました。
他にもタイの料理や名所など、タイについてのナマの声をたくさん聴くことができたオンライン交流でした。

スクリーンショット (33)

<参加学生の感想>
ナレースワン大学とのオンライン交流会は参加してとても良かったと思いました! 
前はタイの文化など全然知らなかったですが、この数回のオンライン交流で現地の学生たちとコミュニケーションを取って、歴史や今の流行りも知ることができて良かったです。 タイに対しての関心も少し深まりました。 
(現代中国学部1年 李 )

カテゴリー:さくら21, オンライン交流

2023/01/23

イベント開催しました -2022年度日本発信応用

今期、日本発信応用では、5つのチームにわかれ、愛知大学の留学生を対象とした名古屋での生活に役立つ情報発信を目指し、パンフレットと動画を制作しました。 そして、1月6日に「日本発信新年会」と題し、愛知大学の留学生をクラスに招き、成果発表会を開催しました。

画像1_イベントのお知らせ DSC_0069 DSC_0053 DSC_0055 DSC_0066 DSC_0077

各チームの成果発表後にゲームをして、留学生と交流を深めることもできました。 制作したパンフレットと動画に関しては後日こちらに掲載します。

カテゴリー:さくら21科目

2023/01/23

国立台湾師範大学とのオンライン交流

国立台湾師範大学とのオンライン交流についてお伝えします!

国立台湾師範大学とのオンライン交流は、いつも台湾師範大学の皆さんはパワーポイントを作成してくださり、とてもわかりやすく楽しいオンライン交流でした。
愛大生もテーマがスイーツについての時には、実物を持ってきて見せるなど、お互いにどうしたら伝わるか、興味を持って聞いてもらえるかを考えてオンライン交流ができたのではないかと思います。
チェーン店がテーマの時には、愛大生が紹介する日本のチェーン店の多くが台湾に出店していることを知り、台湾でのモノの値段の違いに驚いたり、年末の行事の話ではお年玉(台湾では「紅包(ホンバオ)」)はいつまでもらえるかなどの話になったりと、生の声をとてもたくさん聞くことができたと思います。
また台湾師範大学の皆さんは日本のテレビ番組をよくご存じで、ドラマやバラエティの話で盛り上がり、台湾と日本という距離を感じることが少ない、台湾師範大学の皆さんを身近に感じることのできたオンライン交流でした。

20221031台湾師範大学 台湾師範ブログ

<参加学生の感想>
今回初めてさくら21のオンライン交流に参加させて頂きました。
オンラインでの交流は距離を感じてしまうのではないかと最初は心配していましたが、テレビ画面越しでの交流は相手の学生さんが台湾にいることを忘れるぐらい近くに感じました。
私は別の機会で海外の大学生とフリートークする機会が多かったのですが、このオンライン交流のようにテーマを決めて事前にしっかりと準備をすることで、相手に伝えたり、逆に相手から教えてもらったりする内容に非常に充実感がありました。
今まで行ってきた海外大学生とのオンライン交流の中で1番といっていいほど楽しいものとなりました。
台湾と日本の間にある文化や価値観の違いを沢山発見し、新たな気づきを得る機会となりました。
貴重な経験をありがとうございました。 
(国際コミュニケーション学部3年 山田)

カテゴリー:さくら21, オンライン交流

2023/01/17

厦門大学とのオンライン交流


秋学期のオンライン交流は12月で終了いたしました。
春学期に比べ、交流先も交流回数も参加学生も増え、みなさん有意義な時間を過ごすことができたのではないかと思います。
それぞれのオンライン交流の様子と、参加学生の感想をお伝えいたします。

今回は厦門大学とのオンライン交流についてです!

厦門大学とのオンライン交流は、秋学期は11回も実施できました。
厦門大学の皆さんは、お話がとても上手で、毎回テーマに関する話だけではなくいろいろな話をしてとても楽しく交流していました。
厦門大学は海が近くにある、リゾートのような美しい大学で、体育の授業にゴルフがあったり、学校内に湖や映画館があるなど、同じ大学生活でも全然違う環境だということ、 飛行機で1時間半の距離は「そんなに遠くない」など、感覚の違いも知ることができました。
また、日本についてよくご存じで、「今年の紅白歌合戦には誰が出演するの?」などの質問があり驚きました。
お互いの国の伝統的な季節の行事やお菓子、中国で最近はやっているフルーツジュースなど食べ物や文化の話も多くできて、互いに文化の違いに驚いたり、似ているところを発見したりと、とても充実したオンライン交流ができました。
来年度も、また厦門大学の皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

20221214厦門2


<参加学生の感想>
今までこのような活動に参加したことがなく、最初は不安でいっぱいでした。
ですが、決して知ることがなかっただろう中国の文化や価値観に触れることができて非常に楽しく・有意義な活動をすることができました。
コロナ禍である中国の新鮮なイマの様子を知れて、興味深かったです。
また、日本の文化を発信する側として下準備をする際に、自分が思っていたよりも日本の文化などへの理解が浅いことに気づきました。
そのため、今後の生活でも、引き続き日本の文化などへの理解を深めるために、意識的に行事など独自の文化に注目して生活していきたいと考えさせられました。 
(現代中国学部1年 鈴木)

カテゴリー:さくら21, オンライン交流

2022/12/23

さくら21プロジェクト 「サティフィケイト」

本年度は4年生2名に「サティフィケイト」が発行されました! サティフィケイトとは、さくら21科目を20単位以上履修し、さくら21正課外活動に積極的に参加すると、その証明として申請できる「認定書」のことです。

部活動やサークル活動でもない、さくら21プロジェクトを皆さんは知っていますか。 入学したときに聞いたかも、そんな名前の場所があった気がする…など、活動内容まで知っている人は残念ながら少ないかもしれません。
ましてや、「サティフィケイト」って何??という人がほとんどではないでしょうか。

さくら21プロジェクトは一言でいうと「日本を知って、日本を海外に発信していこう!」という活動です。 ぜひさくら21科目や様々な授業で学習したことを、さくら21プロジェクトでアウトプットしてください。 語学が得意でなくても、大丈夫!日本語で海外の大学生と交流できます。 もちろん積極的に英語や中国語を話したい人にピッタリな活動もあります。

学生の今だからこそ、日本の魅力を知って、海外の文化を生で聞いて、文化や価値観の違いを感じて、将来に役立つコミュニケーション力を鍛えてほしいと思います。

今回「サティフィケイト」をもらった2名について、少しご紹介いたします。

経済学部 松本さん

IMG_6873


3年生になってからサティフィケイトを知り、ゼミの先生からの勧めもあり、さくら21プロジェクトの活動に参加し、さくら21科目を積極的に履修しました。現在もオンライン交流で、海外の学生と楽しく交流しています。

 

国際コミュニケーション学部 加藤さん

IMG_6927


1年生の頃から積極的にさくら21プロジェクトの 活動に参加し、サティフィケイト申請時にはどの プロジェクトに参加したのか思い出せないほど、 いろいろな活動に参加しました。 また、「互いの文化を学ぼうの会」を立ち上げ、さくら21学生自主企画として、留学生との交流活動を企画・運営してきました。 さくら21科目も多く履修しています。

以下加藤さんのコメントです。

1年の時からさくら21リソースルームの活動に参加し、 多くの人と交流することの楽しさとコミュニケーションの取り方を学ぶことができました。今まで頑張ってきたことを、サティフィケイト取得という形として達成できたことがとても嬉しいです。これまでの交流での経験を今後の生活にも活かしていきたいです。

 

お二人とも「学生時代の思い出に」サティフィケイトの申請をされましたが、サティフィケイトは就職活動の際のアピールポイントともなります。 皆さんも「サティフィケイト」の取得を目指してみませんか?

なにかわからないこと、気になることがあれば遠慮なくさくら21リソースルームへご相談ください!
さくら21科目って?自分は今何単位とれているの?などの質問もお気軽にどうぞ!!

カテゴリー:さくら21

2022/12/19

済州漢拏大学とのオンライン交流実施中です!


韓国の済州漢拏大学とのオンライン交流が11月から始まっています。
今回のオンライン交流は「お互いの国の行きたいところ」を聞き、その場所について調べてお互いに紹介をしています。

愛大生が行きたい韓国の場所は
・聖水洞(ソンスドン)
・カロスキル
・仁寺洞(インサドン)
・済州島
・東大門(トンデムン) で、済州漢拏大学の学生さんにおすすめなお店や
美味しいカフェなどを教えていただきました。
どこも韓国に行ったらぜひ「行ってみたい!!」と思うところばかりで、とても楽しくご紹介を聞きました。
○○は美味しかったなど、実際に生の声を聴くことができる、貴重な時間でした。

済州漢拏大学の学生さんが行きたい日本の場所は
・大阪(道頓堀付近・美味しいお店)、
・京都(金閣寺・銀閣寺・清水寺・地主神社・数寄屋造り・スタバ)、
・東京(秋葉原・メイドカフェ・アニメイト)、
・札幌(雪まつり・お酒ビール)、
・長野(木曽路奈良井宿)、
・福岡(櫛田神社、小倉城) でした。
皆さん、上記の場所について詳しくご紹介できますか??
愛大生も知らない場所があり、済州漢拏大学の皆さんが日本についてとても詳しく驚きましたが、各地の魅力を伝えられるよう、下調べを頑張ってもらい、ご紹介をしました。
積極的にご質問もしていただき、愛大生もこの機会に各地の魅力を知ることができたのではないでしょうか。
冬休みに実際に日本にいらっしゃる学生さんもいて、日本へ来たときの観光の参考にしてもらえたら嬉しいですね。

最後に、もしかしたらお気づきかもしれませんが、日本の行きたい場所に「名古屋」が入っていないのです…。
愛大生も「あれ?名古屋は??」と少し寂しそうで、済州漢拏大学の学生さんは優しく、「もちろん名古屋も行きたいですよ~!」とフォローしてくださいましたが…愛知大学がある地元名古屋(愛知)の魅力をもっとアピールしなくてはいけないことに、改めて気づくことができました。

済州漢拏大学の学生さん達と、回を重ねるごとに仲良くなってとても楽しくオンライン交流をしています。
皆さんも留学に行かなくても、語学に自信がなくても、海外の学生と仲良くなれるオンライン交流、ぜひ参加してみませんか??

スクリーンショット (24) ハンラ大学

カテゴリー:さくら21, オンライン交流

2022/12/12

空手体験授業を開催しました。

12月10日(土)9:30~12:00までの時間、
名古屋キャンパス厚生棟7階多目的競技室②にて、
協定留学生向けに空手体験授業が開催されました。

この授業は、日本文化の学習・体験を目的とした
「協定留学生日本語コース(JLCES)」の一環として行われています。

今回は、空手の基本的な型から人と組み合う実践的な内容まで行いました。
中には武術経験がある留学生もおり、見本として先生と実演をしたり、演武を披露したりしました。
空手という日本の伝統を、実践を通じて学ぶと共に、
学生同士、また違った一面を相手の中にみつけたことでしょう。

※【2022年度秋学期在籍協定留学生数:25名】 アメリカ1名、フランス3名、ドイツ5名、中国10名、香港1名、台湾2名、タイ2名、ベトナム1名

空手体験教室写真

カテゴリー:留学生

1 / 5112345...102030...最後 »
2023年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索